タイLTFの後継として発表された「SSF」の詳細解説

SSF

(引用元:Nation 紙)

タイで個人所得税を節税するために利用されてきた LTF(長期投資信託)の制度は2019年で終了し、その後継となる SSF(スーパー・セービング・ファンド)が発表されました。

この記事では、SSF の詳細、節税のための資金配分、今後の見通しなどを解説しています。

SSF の詳細

SSF は、LTF/RMF と似た、購入した金額を所得から控除できる投資信託です。

購入条件は次の通り。

  1. 購入金額の上限は、所得の30%まで。ただし上限額は20万バーツ、また SSFとRMFの合計が50万バーツ以内であること
  2. 最低保有期間は足掛け10年。つまり、2020年内に購入すると、売却できるのは2029年1月1日以降になる
  3. 購入の最低金額なし。1バーツから購入して、節税できます
  4. 毎年購入する必要なし(RMFは毎年購入する必要あり)

以前より金額が増えたのはいいんですが、最低保有期間が、いままでのLTFの7年から、10年になったのは改悪です。

現在30歳の方ですと、売却できるのは39歳以降。40歳の方は、49歳以降になります。

そして46歳以上の方は、売却できるのが55歳以降になってしまいます。それなら、上限額が緩和されたRMFを買ったほうが良いことになりますね(RMFを売却できるのは、5年保有後、かつ55歳以上)。

次の項で、節税のための資金配分を考えてみましょう。

節税のための資金配分

節税手段については以下の記事をご参照ください。

タイの個人所得税を節税する方法・手順を徹底解説。本人控除、配偶者控除、子供控除から、自分で買う必要がある生命保険、RMF、LTF、年金保険の条件、上限金額など。おすすめの節税方法も提案しています。

2019年までは、

  1. 生命保険に加入(最大10万バーツ、満期10年)
  2. まだ余裕があるならLTFを買う(7年後に売却)
  3. まだ余裕があるならRFMを買う(55歳以降に売却)
  4. まだ余裕があるなら年金保険に加入

という順をおすすめしていました。

2020年からは、LTFに代わるSSFが使いにくくなりますので、次のようになると思います。

  1. 生命保険に加入(最大10万バーツ、満期10年)
  2. まだ余裕があるなら、45歳以下ならSSFを買い(10年後に売却)、46歳以上ならRMFを買う(55歳以降に売却)
  3. まだ余裕があるならSSF/RFMを上限まで買う
  4. まだ余裕があるなら年金保険に加入

購入する SSF については、まだ銀行や証券会社から発表がされていませんので、発表後にまた追記します。

今後の見通し

この SSF の制度は、2020年~2024年の5年間実施したあとに、見直されることになっています。

僕の勝手な予想…というか願望ですが、最低保有期間が10年と長すぎるため、購入する人が少なく、2025年からは最低保有期間が短縮されるのではないでしょうか。

いずれにせよ、制度をうまく利用して、節税しておきましょう。