カシコン銀行がS&P500に連動する投資信託「K-US500X」を取扱い開始! SCB銀行との競争激化か!?

タイのカシコン銀行は、S&P500に連動する投資信託「K-US500X」の取扱いを2021年7月29日から開始します。

これまでタイの大手銀行で購入できる S&P500 連動型の投資信託は、SCB 銀行の「SCBS&P500」とその派生商品しかありませんでした。

複数の銀行が取り扱うことで、私たち一般投資家はより安い投資信託を選択できます。実際、このカシコン銀行の「K-US500X」は、SCB 銀行よりも手数料が安く設定されていますので、我々投資家にとっては大歓迎です。

この記事では、「K-US500X」の詳細をお伝えし、SCB 銀行との使い分け方について考えてみたいと思います。

K-US500X の詳細

S&P 500 指数連動型の投資信託です。

  • マスターファンド:iシェアーズ S&P 500
  • 分配金:なし(再投資型)
  • 売買手数料:購入時 0%、売却時 0.15%
  • 運用手数料:0.4370% + マスターファンド0.03% = 年0.4670%
  • カシコン・アセットマネジメントの公式ページ:こちら

中長期で経済成長が期待できる米国の主要産業を代表する約500社にこれ1本で投資できますので、長期の積立投資に向いています。

現時点では SSF や RMF の設定はありません。通常の投資信託だけになっています。

タイの大手銀行が取扱う S&P500 インデックスファンドの手数料比較

手数料を比較してみました。中身はほぼ同じですので、手数料の安い方を選ぶのが投資の基本です。

運用手数料はタイの運用会社側と、マスターファンド側の手数料を合算しています。

名称 購入時 売却時 運用手数料
K-US500X 0.0% 0.15% 年0.4670%
SCBS&P500 0.5% 0.0% 年1.2145%
SCBS&P500-E 0.0% 0.107% 年0.2145%
SCBS&P500-SSF 0.0% 0.0% 年1.2145%
SCBRMS&P500 0.0% 0.0% 年0.9745%

では、S&P500 インデックスファンドを買うならどれがいいのでしょうか? 次の項で考えてみましょう。

どのS&P500 インデックスファンドを買えばいい

購入の優先順位が高い順に、次のようになると考えます。
(カッコ内は運用手数料です)

1. SCBS&P500-SSF (1.2145%) と SCBRMS&P500 (0.9745%)

この2つの運用手数料は、他の投資信託よりも約0.48~1.00% 高いのですが、購入時に所得税が 15~25% 程度返ってきますので、トータルで考えると有利です。まずは SSF/RMF の購入を優先しましょう。

2. SCBS&P500-E (0.2145%)(現在は外国人は新規申込み不可)

次にこの SCB E シリーズですが、残念なことに現在は外国人は新規申込みできません。

すでに申込みを終え、利用できている幸運な方は、限度額の100万バーツまではこの投資信託を購入しましょう。

3. K-US500X (0.4670%)

SSF/RMF を限度額まで購入し、SCB E も限度額の100万バーツに達したという投資の達人は、ぜひこの K-US500X の購入を検討してください。

4. SCBS&P500 (1.2145%)

今回の K-US500X の販売開始により、この投資信託を持つ意味はなくなりました。もしお持ちでしたら、売却して K-US500X に乗り換えることをおすすめします。

偶然にも SCBS&P500 の売却手数料はゼロ、K-US500X の購入手数料もゼロですので、乗り換えに手数料はかかりません(これがカシコン銀行の狙いだったのか!?)。

カシコン銀行が取扱う、その他のインデックスファンド

カシコン銀行が取扱う、その他のインデックスファンドを2つほどご紹介しておきます。

K-WORLDX

MSCI オール・​カントリー・ ワールド指数連動型の投資信託です。

  • マスターファンド:iシェアーズ MSCI ACWI
  • 分配金:なし(再投資型)
  • 売買手数料:購入時 0%、売却時 0.15%
  • 運用手数料:0.4819% + マスターファンド0.33% = 年0.8119%
  • カシコン・アセットマネジメントの公式ページ:こちら

日本の証券会社で取り扱っている「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」などと中身は一緒です。
長期積立投資に向いていると思います。

K-ASIAX

日本を除くアジア各国の株式指数 MSCI AC Asia ex Japan Index 連動型の投資信託です。

  • マスターファンド:iシェアーズ・コアMSCIアジア(除く日本)
  • 分配金:なし(再投資型)
  • 売買手数料:購入時 0%、売却時 0.15%
  • 運用手数料:0.4370% + マスターファンド0.7% = 年1.1370%
  • カシコン・アセットマネジメントの公式ページ:こちら

カシコン銀行はこのファンドの取扱いを、K-US500X と同じく2021年7月29日から開始します。

記事作成時点での投資対象国は、多い順に中国(42.72%)、台湾(15.90%)、韓国(15.08%)、インド(11.26%)、香港(7.34%)となっています。

おまけコラム:なぜ0.1%程度の違いにそこまでこだわるの?

この記事を読んだ方は、「なぜ 0.1%程度の違いにそこまでこだわるの? 細かすぎるだろwww」と思ったかもしれません。

1回だけの買物なら1%の違いでもどうでもいいんですが、投資の場合は全然違います。なぜならその違いが複利で効いてくるからです

S&P500 の1973年から2018年までの利回りは年平均で7.1%です。これが将来も続くと仮定した場合、いま100万バーツを購入すると20年後には 1,000,000 * (1.071) ^ 20 = 3,942,660バーツと約4倍になりますが、実際にはここから運用手数料が引かれます。

SCBS&P500 (1.2145%) の場合、運用手数料を考慮すると20年後にもらえる額は 1,000,000 * (1.071-0.012145) ^ 20 = 3,138,555バーツです。

一方のK-US500X (0.4670%) の場合は、1,000,000 * (1.071-0.004670)^20 = 3,612,705バーツ。SCBS&P500との差はなんと 474,150バーツ。運用資産の15%にもなります。

この記事を読んで(読まなくてもいいですけど)、100万バーツを SCBS&P500 から K-US500X に切り替えるだけで、20年後の手取り額は47万バーツ、15%も変わってくるのです。

これがアインシュタインが「人類最大の発明」と呼んだ複利の効果であり、投資信託では手数料にこだわらなければならない理由です。

コメント

  1. hideshim より:

    いつも有益な記事ありがとうございます。
    1)SCBS&P500-Eと 2)SCBS&P500の違いは以下だけでしょうか?
    ・手数料
    ・1は上限100万バーツまで
    ・1は外国人は購入できない

    • nisizawa より:

      その理解で合ってると思います。

      細かいことを言えば、1)SCBS&P500-E は1バーツから購入できるが、2)SCBS&P500 はたしか500バーツ以上だった気がします。
      あと、SCBS&P500-E は「外国人が購入できない」のではなく、現在は外国人の新規登録を受け付けていない、ですね。すでに登録済みの人は売買可能です。

  2. JUN より:

    いつも有用な情報をありがとうございます。
    早速ですが、初日の今日、K-US500Xを買ってきました。

    カシコン銀行の支店に行って、口座開設の最初として500B買い、DCA(ドル・コスト平均法)で毎月500B買うこととしました。
    毎月購入額はもっと上を考えていますが、投資信託をDCAで買うというのが初めてなので、とりあえず少額でのスタートです。
    数か月様子を見て、想定していることと大きく違わなければ額をアップしようと。

    実は2月くらいにここでSCB銀行のSCBS&P500-Eのことを見て買おうと思っていたのですが、急ぐ必要はないとのんびりしていたら外国人は新規申込み不可となって、開いた口が塞がらないでいました。SCBS&P500-Eがいまだに新規申し込みできそうにないのは残念ですが、K-US500Xの記事を見て開きっぱなしの口がようやく塞がりましたので、また外国人への扉が閉じるようなことが起こる前に、急いで買いに行った次第です。

    • nisizawa より:

      少額から積立を始めるのはすごく良いと思います。
      いまは米国株の調子が良いので強気になっている人が多いですが、暴落や不況は必ずやってきます。そのときに積立を継続できれば成果を手に入れる可能性が高まりますが、現実にはそこで辞めてしまう人が多いです。暴落が起きても耐えられる額で続けるのが大事です。
      僕も積み立ててますので、一緒に続けましょう!