在外邦人におすすめの日本の携帯会社はコレだ

概要

最近は、LINEなどでアプリでメッセージのやり取りや通話をすることが増え、以前よりも電話で話すことは少なくなりました。

しかしその一方で、メルカリ、PayPay、Yahoo!ショッピングといった日本のインターネットサービスを使うときや、銀行アプリのセキュリティ認証などで、SMS認証を求められることが増えています。

海外に住んでいると、日本の通信回線を維持するにはお金がかかりますので、日本の電話番号は持たず、日本のサービスの利用を諦めている方も多いのではないでしょうか?

ですが、最近の日本政府の圧力(笑)により、日本の通信会社の料金もかなり安くなりました。

単なるSMSの受信だけでしたら、日本通信の月額290円の契約だけで大丈夫です

また、楽天モバイルを使えば、月額1078円だけで、日本との通話、SMSの送受信ができます(Androidの場合。iPhoneの料金については後述)。どちらもこれ以上の追加料金はかかりません。

この記事では、在外邦人におすすめの日本の携帯会社と、その注意点について解説しています。

結論

SMSの受信だけ、または日本の電話番号を維持するだけなら、日本通信の月額290円プラン

日本との通話、SMSの送受信をしたいなら、楽天モバイルの月額1078円プラン

このどちらかになると思います。
以降で詳細について説明します

日本通信の月額290円プランを解説

日本通信公式:https://www.nihontsushin.com/

日本通信の月額290円プラン「合理的シンプル290プラン」は、月額290円と激安です。

日本にいるときは月1GBのデータ通信も使えますし、日本での通話料も30秒11円と格安です。

海外にいても、SMSの受信は無料ただし、電話の着信・発信と、SMSの送信には高額のローミング料金がかかりますので気をつけてください。SMSの受信専用として使うなら、月290円以上はかかりません。

また、日本の電話番号を維持したいときも、MNPで日本通信に加入すれば、やはり月290円で番号を維持できます。

契約後はウェブサイトからマイページに入り、海外ローミングオプションをオンにしてください。

SIMはeSIMと物理SIMを選べます。僕は物理SIMを使っていまして、日本の実家に届いたSIMを海外に転送してもらい、ウェブで開通手続きをして、海外でも問題なく使っています。

僕はeSIMを使ったことがないのですが、eSIMでしたら、わざわざSIMを転送しなくても良いと思います。

楽天モバイルの月額1078円プラン解説

楽天モバイル公式:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

楽天モバイルは先日、1GBまでのプランを無料から1,078円に値上げすると発表しましたが、それでも在外邦人にとっては非常に役に立つ回線です。

一番のメリットは、Android で Rakuten Link アプリを使えば、海外にいても日本との通話(発信・着信)、日本とのSMSの送受信が、完全無料で使い放題ということです。

ただし、iPhoneの場合はちょっと挙動が違っていまして、一部でローミング料金がかかります。具体的に書くと、海外にいるときは、Rakuten Link アプリによる日本への発信は無料ですが、着信とSMSの送受信はiOSの標準アプリを使うため、ローミング料金がかかります。
iPhoneの挙動詳細:https://network.mobile.rakuten.co.jp/information/news/service/647/

ですので、海外で楽天モバイルを使うなら、iPhoneではなくAndroidがおすすめです。

SIMの種類は、物理SIMとeSIMから選択できます。公式に電話で確認したところ、物理SIMの場合は日本で開通手続きが必要とのことです。これをしないと、しばらくして使えなくなることがあるそうです。eSIMなら海外でも問題なく使えます。

それだとeSIM一択に思えますが、しかし、AndroidでeSIMに対応している機種は少ないんですよね。物理SIMかeSIMか、iPhoneかAndroidか、よく考えてみてください。僕は現在 iPhone + eSIM で発信のみを利用していますが、将来はAndroid + 物理SIM に変えようと思っています。

なお、楽天モバイルの支払いには、楽天期間限定ポイントも使えます。使い道に困る期間限定ポイントの使い道としても有用です。

今後期待できそうな他の通信会社

povo2.0

povo2.0公式:https://povo.jp/

基本料無料という魅力的な会社ですが、現在は海外ローミングに対応していないため、海外では使えません。

将来、海外ローミングに対応すれば、最安のサービスになる可能性があります。今後に期待です。

HISモバイル

HISモバイル公式:https://his-mobile.com/

HISモバイルも月額290円プランのサービスを開始しました。
中身は日本通信ですので、日本通信の代わりにこちらを使ってもいいと思います。

通信契約をするときの注意点

日本通信・楽天モバイルともに、本人は日本にいなくてもネットで申し込みが完結できます。

免許証等の身分証、クレジットカードが必要です。詳細は各通信会社のウェブサイトで確認してください。

ただし、身分証の住所で郵便を受け取ってくれる親族が必要です

コメント

  1. 通りすがり より:

    こんにちは

    今回の楽天0円サービス停止は急でしたね。私も乗り換え検討組ですが、ご紹介のような格安SIMはLINE ID検索やiWatch通信不可だったり、以外な落とし穴が多いので注意が必要です。

    でも以前に比べると格段に選択肢が増えて、海外移住者でも利用しやすくなったのは有難いものですな。

    • nisizawa より:

      そうですね、格安SIMでLINEの年齢認証に対応しているのは、mineo, IIJmio, AEON くらいで、楽天モバイルも日本通信も対応していませんね。

      iWatch 通信は初めて知りました。Apple Watch は使っているのですが、セルラーではなく GPS モデルでしたので。こちらも使う方は要確認ですね。

      どうもありがとうございます!