【完全解説】タイの老齢年金 日本人も55歳からもらえます

この記事では、タイで働いた人が55歳以降にもらえるタイの老齢年金について解説しています。条件を満たしていれば、日本人でももらえますし、現在はタイに住んでいなくてももらえます。

金額はそれほど多くはありませんが、社会保険の掛け金を払っていた方でしたら、申請するだけでもらえます。条件を満たせるようになったら、申請してみてはいかがでしょうか。

受給の条件

受給条件は以下の通りです。3つ全てを満たしたとき、申請が可能になります。

  1. 以前は社会保険に加入していた(取締役は非加入のためもらえません)が、
  2. 現在は社会保険に加入していない
  3. 55歳以上である

55歳以前で退職した場合は、55歳になったときに受給できます。55歳になっても働き続けて、例えば60歳になってから退職した場合は、退職後に受給できます。退職後は働かなかったが、社会保険に任意で継続加入していた(例えば持病があった)場合は、社会保険を脱退した後に受給できますが、無職期間中の給与・掛け金が少なくなるため、支給額が減りますのでご注意ください。

かつてタイで働いていて、社会保険に加入していた方は、たとえいまはタイにいなくても、55歳になれば老齢年金を受け取れます。3つの条件を満たしてから1年以内に社会保険事務所で手続きをしましょう。期限を過ぎるともらえません。

支給される年金の種類

社会保険に加入していた期間によって異なります。

  1. 加入期間が180ヶ月(15年)未満 → 老齢一時金が支給される(1回限り)
  2. 加入期間が180ヶ月(15年)以上 → 老齢年金が支給される(亡くなるまで毎月)

自分でどちらかを選ぶことはできません。加入期間によって自動的に決まります。
ちなみにタイ語では

  • 老齢一時金:เงินบำเหน็จ(グン・バムネット)
  • 老齢年金:เงินบำนาญรายเดือน(グン・バムナーン・ラーイドゥアン)

といいます。

それぞれの支給金額について詳しく解説します。

老齢一時金の金額

加入期間が180ヶ月(15年)未満の場合は一時金が支給されますが、その金額は加入期間が12ヶ月未満かそれ以上かによって異なります。

(以下の例では単純に現在の掛け金 月750バーツを用いましたが、以前は異なるため、金額が多少変わることがあります)

加入期間が12ヶ月未満の場合

本人が支払った社会保険の掛金のみ(月750バーツ)が支給されます。

期間1ヶ月なら750バーツ、10ヶ月なら7,500バーツ、最大は11ヶ月の8.250バーツです。

加入期間が12ヶ月以上の場合

本人+会社が支払った社会保険の掛金(月1,500バーツ)+利子が支給されます。

期間12ヶ月なら18,000バーツ、60ヶ月(1年)なら90,000バーツ、最大は149ヶ月(14年11ヶ月)の223,500バーツです。これに利子が加算されます。

老齢年金の月額

加入期間が180ヶ月(15年)以上の場合は毎月の年金が支給されます。

その金額は、180ヶ月(15年)分に対しては 3,000バーツ。それ以上の期間については、1年につき 225バーツが加算されます(給与が15,000バーツ以上の場合)。9ヶ月以上は1年に切り上げて計算します。

  • 加入期間 180ヶ月(15年):3,000バーツ/月
  • 加入期間 240ヶ月(20年):3,000 + 225 x 5 = 4,125バーツ/月
  • 加入期間 300ヶ月(25年):3,000 + 225 x 10 = 5,225バーツ/月
  • 加入期間 360ヶ月(30年):3,000 + 225 x 15 = 6,375バーツ/月

日本人の平均寿命は、女性が87.32歳、男性が81.25歳(2019年のデータ)ですので、仮に加入期間 180ヶ月の人が、55歳から80歳までの25年間受給されるとすると、

  • 本人拠出額:月750バーツ x 180ヶ月(15年)=135,000バーツ
  • 受給額:月3,000バーツ x 300ヶ月(25年)= 900,000バーツ

社会保険の拠出額13.5万バーツに対して、支給額はその6.6倍の90万バーツ!となり、かなりお得な制度になっていることがわかります。
この制度が持続可能かどうかはわかりませんが…。

遺族年金

DACO誌の記事によると、

『1998年から15年以上社会保険を納付し、毎月年金を受け取っていた人が亡くなった場合、月額還付金額の10倍が子供に(子供がない場合、配偶者に。配偶者がいない場合、父母に。相続人に。兄弟に……の優先順で)支払われます

だそうです。

情報リンク

申請のお手伝い

「以前タイで働いていたので、年金をもらえるかどうか確認したい」「申請を手伝ってほしい」という方がいらっしゃいましたら、nisizawa at gmail dot com までメールでご相談いただくか、コメント欄にご記入願います(非公開希望と書いていただければ公開しません)。

できる範囲でお手伝いさせていただきます。