SIM2FLYの利用方法まとめ:パッケージ一覧、チャージ、再利用、タイでの利用、残高確認、期限確認、esimなど完全解説

AIS Sim2Fly

AIS Sim2Fly : AIS公式サイトより

タイ AIS が販売している海外旅行用 SIM「SIM2FLY」の利用方法をまとめてみました。

もはや SIM2FLY を知らない人はいないでしょうから、基本的な使い方よりも、いかに2回目以降を使いこなすかに重点を置いて解説しています。

ここに書いてある全ての作業は、日本にいてもタイにいても可能です。

SIM2FLY パッケージ一覧

現在発売されている SIM2FLY パッケージの一覧です。

SIM2FLY アジア・オーストラリア版

Amazon リンク:SIM2FLY アジア・オーストラリア版

利用可能国(18ヶ国)日本、韓国、シンガポール、マレーシア、香港、ラオス、インド、台湾、マカオ、フィリピン、カンボジア、ミャンマー、オーストラリア、ネパール、インドネシア、カタール、スリランカ、中国(チベットを含む)

料金 通信容量 日数 SIM2FLYからの登録方法
399バーツ
(2回目以降は299)
無制限
(4GBを超えると128bps)
8日 *111*354#📞
119バーツ 1GB 2日 *111*356#📞

SIM2FLY グローバル版

Amazon リンク:SIM2FLY グローバル版

利用可能国(72ヶ国)日本中国(チベットを含む)、ベトナム、米国、英国、インドなど(詳細は公式サイトを参照)

料金 通信容量 日数 SIM2FLYからの登録方法
899バーツ
(2回目以降は799)
無制限
(4GBを超えると128bps)
15日 *111*358#📞
299バーツ 1GB 3日 *111*359#📞
2,699バーツ 15GB 1年 *111*600#📞

SIM2FLY ボーダー・カントリー版

利用可能国(4ヶ国):カンボジア、ラオス、マレーシア、ミャンマー

このパッケージは、新規の SIM としては販売されていません。追加パッケージとしてのみ購入できます。また、他の SIM2FLY のパッケージは、SIM2FLY でない AIS の SIM からは購入できないんですが、このパッケージだけはなぜか購入できます。

料金 通信容量 日数 SIM2FLYからの登録方法
99バーツ 無制限
(2GBを超えると128bps)
7日 *111*407#📞

SIM2FLYを購入する

タイではデパート・空港などにあるAISショップで購入できます。購入ではパスポートの原本が必要です。必ず持っていきましょう。

日本では Amazon 等で購入できます。

購入後は必ず「my AIS」をインストール

SIM2FLY をチャージしたり、残高を確認するためには、AISの公式アプリ「my AIS」が必要です。SIM2FLY を購入したら、インストールして、ユーザー登録しておきましょう。

my AIS

my AIS
開発元:Mimo Tech
無料
posted withアプリーチ

「my AIS」にログインするときは、AISのデータ通信に接続しているか、または AIS から SMS を受信する必要があります。どこの国にいても SMS の受信は無料ですので、特に問題はないでしょう。

SIM2FLYを利用開始する

スマホの「データローミング」をオンにするだけで、SIM2FLY の利用が始まります。期限のカウントダウンもこの瞬間から始まります。

逆に言えば、「データローミング」をオフにしていれば、SIM2FLY は利用されません。最初はオフにしておいて、外国に着いて、使い始めたいときにオンにしましょう。

SIM2FLYの残高を確認する

*121#📞 で残高が表示されます。

または「my AIS」アプリでも残高を確認できます。

ログイン後の赤枠で囲った「Balance」に残高が表示されます。2.00バーツしかない…悲しい…

SIM2FLYの有効期限を確認する

*121#📞 で電話番号の有効期限が表示されます。

また、電話番号の有効期限は、「my AIS」アプリでも確認できます。

ログイン後の赤枠で囲った「Valid Until」に有効期限が表示されます。日/月/年の順ですので、上の写真だと2019年3月20日まで使えます。

お金をチャージすると期限は延長されます。最低金額の5バーツをチャージすると期限が1ヶ月延びるので、5バーツ x 10回=50バーツをチャージすると、一気に期限を10ヶ月延長できるという貴重な情報をいただきました。

SIM2FLYを再利用する

SIM2FLY を1回で捨ててしまうのはもったいないです

なぜなら、最初に SIM2FLY を購入するときの価格は、アジア・オーストラリア版が 399バーツ、グローバル版が 899バーツですが、次回以降はどちらも 100バーツ引きになります。SIM を取っておいて、次回の旅行前にパッケージを購入すれば、安く再利用できます。

最初にどのタイプの SIM2FLY を購入しても、後で購入するパッケージに制限はありません。例えば、最初にアジア・オーストラリア版の SIM を購入して、次にグローバル版のパッケージを追加購入することもできますし、その逆も可能です。

SIM2FLY の新たなパッケージを購入するときは、必要な料金をチャージした後に、「my AIS」を開き、「Package」→「Apply SIM2FLY On-Top Package」を選んで購入しましょう。

また、2回目以降は、ラオス・ミャンマー・カンボジア・マレーシアで7日間 2GB 99バーツの「ボーダー・カントリーズ」というパッケージも購入できます。

タイからの旅行用SIMと言えば Sim2Flyですが、AIS は、ラオス・ミャンマー・カンボジア・マレーシア向けに、「Border Non-Stop」という名前で、99B で7日間、2GBのデータ通信プランを発売しています。タイの隣国へ行くときは、こちらを使ったほうがお得です。

「ボーダー・カントリーズ」の場合は、「my AIS」を開き、「Package」→「Apply Roaming Package」で、国を選んでから Package Type には「Data」を選べば申し込めます。

SIM2FLYにチャージする

2回目以降に利用したいとき、またはタイ国内で使いたいときは、SIM2FLYにチャージしましょう。

チャージする金額ですが、SIM2FLY のパッケージ価格は全て税込み表示ですので、299バーツのパッケージなら、300バーツをチャージすれば大丈夫です。

チャージ方法1:「my AIS」から LINE Pay でチャージ

まず「my AIS」アプリを立ち上げます。下の画面で、

  1. 上の「Top up」を選んでから、
  2. 下の「Top up」を選んでください。

そうすると下の画面に移ります。

ここで「Rabbit LINE Pay」をタップすれば、日本またはタイの LINE Pay を使ってチャージできます。

ただし日本の LINE Pay だと、1回に40バーツしかチャージできないことがあるようです。その場合は、必要な金額になるまで、40バーツを複数回チャージしてください。

この画面には VISA・Master・JCB カードの表示がありますが、日本発行のカードは使えません。タイ発行のクレジット/デビットカードなら使えます。

チャージ方法2:タイのコンビニでチャージ

タイの AIS ショップ、ファミリーマートなどでチャージできます。現在、タイのセブンイレブンでは AIS のチャージはできません(セブンイレブンは AIS と競合する true 系列のため)。

チャージ方法3:mobiletopup.com でチャージ

また、mobiletopup.com というサイトなら、日本のクレジットカードを使って AIS / DTAC / True にチャージできます。このウェブサイトは、全世界の全キャリアに対応しているようです。すごいですね。でも 5% の手数料を取られます

SIM2FLYをタイで利用する

データ通信

SIM2FLYは、そのままではタイ国内でデータ通信を利用できません。最初は通信が遮断された状態になっていますので、知らない間にチャージ金額が減ることもないので安心です。

タイ国内でデータ通信を利用したい場合は、「my AIS」アプリから、別途パッケージを購入しましょう。

(AISネット使い放題料金表 VAT7%抜き価格)

(AISネット使い放題料金表 VAT7%抜き価格)

提供されている期間と速度から、好きな組み合わせを自分で選べます。ただし、6ヶ月、12ヶ月を選べるのは、2019年2月1日以前に登録したプリペイド番号のみです。

「my AIS」アプリから、「Package」→「Apply Internet On-Top Package」→「Unlimited max speed」を選択すれば申し込めます。この価格は税抜きですので注意してください。つまり、120バーツなら、120 x 1.07 = 128.4バーツの残高が必要です。

音声通話

SIM2FLY はそのままで音声通話を利用できます。料金はタイ国内なら1分 0.99バーツ、タイから日本への国際電話は AIS の 00500 を使えば1分 3バーツです。例えばタイから日本の 03-1234-5678 に電話するならば、00500 81 3 1234 5678 とダイヤルしましょう。

SIM2FLYをeSIMで利用する

SIM2FLYをeSIMで利用する方法は、タイ人と外国人で異なります。

タイ人なら:最初からeSIMのSIM2FLYを購入できる!

タイ人なら、オンラインでeSIMのSIM2FLYを購入できます。下記のページからどうぞ。申し込みページはタイ語のみで、タイ人IDが必要です。外国人は購入できません。

รายแรกในไทย eSIM จาก SIM2FLY เที่ยวเมืองนอก เล่นเน็ตสุดประหยัด ใช้ esim ไม่ต้องเปลี่ยนซิม สำหรับลูกค้าทุกค่าย ใช้ xs max , iphone xs ใครๆก็ใช่ได้ eSIM อีซิม

外国人は:SIM2FLYを購入してからeSIMに交換

外国人の場合は、いったんSIM2FLYを購入してから、eSIMに交換するという手順を踏むことで、eSIMのSIM2FLYを入手できます。

交換するときは、購入済みの SIM2FLY の番号、eSIM に対応している iPhone XS/XR などのスマホ、パスポート(画像・コピーも可)を持って、AIS のお店に行きましょう。

そのときの体験記がこちらです。

タイの AIS に行って、SIM2FLY の SIM を、物理SIM から eSIM に交換してきましたので、その詳細を書いておきま...

試してはいませんが、SIM2FLYを買ったその場で eSIM に交換することもできると思います。

eSIM の運用開始直後は SIM2FLY は eSIM に交換できなかったのですが、その後の iOS のアップデートにより可能になったそうです。

AIS のコマンド一覧

いまは全て「my AIS」アプリでできますので、特に必要はないと思いますが、まとめておきます。

SIM2FLY アジア・オーストラリア版:
*111*354#📞:299バーツ、容量無制限、8日間
*111*356#📞:119バーツ、容量1GB、2日間

SIM2FLY グローバル版:
*111*358#📞:799バーツ、容量無制限、15日間
*111*359#📞:299バーツ、容量1GB、3日間
*111*600#📞:2,699バーツ、容量15GB、1年間

SIM2FLY ボーダー・カントリー版:
*111*407#📞:99バーツ、容量無制限、7日間

その他:
*119*2#📞:SMS をタイ語から英語にする
*121#📞:残高と有効期限を確認
*545#📞:自分の番号を表示
*140*1*0924260804*100#📞:プリペイド番号から0924260804に100バーツを送金する。番号と金額は変えてください。最大100バーツ。
*140*12*0924260804*100#📞:プリペイド番号から0924260804に100バーツの送金をリクエストする。番号と金額は変えてください。最大100バーツ。その後、リクエストを受けた側が*140*740#📞を押すと送金が完了。これで送金しても、受取側の番号の有効期限は延びません。

SIM2FLYと他社の海外用プリペイドSIMの比較

AIS 以外のタイの通信会社も、SIM2FLY と同じような海外用プリペイドSIMを販売しています。SIM2FLY があまりに有名になってしまい、無双状態なのですが、一応紹介しておきます。

通信会社 AIS DTAC TRUE
商品名
(クリックで公式へ)
SIM2Fly SIM GO! Inter TRAVEL SIM ASIA TRAVEL SIM WORLD
値段 399バーツ
(2回目以降は299B)
899バーツ
(2回目以降は799B)
399バーツ 299バーツ 799バーツ
通信容量 4GB 4GB 4GB 4GB 4GB
日数 8日間 15日間 10日間 8日間 15日間
利用可能国数 18ヶ国 65ヶ国 22ヶ国 12ヶ国 48ヶ国
利用可能国 日本中国(チベットを含む)、韓国、シンガポール、マレーシア、香港、ラオス、インド、台湾、マカオ、フィリピン、カンボジア、ミャンマー、オーストラリア、ネパール、インドネシア、カタール、スリランカ 日本中国(チベットを含む)、ベトナム、米国、英国、インドなど、世界72ヶ国
公式サイトを参照)
中国、香港、台湾、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ラオス、ミャンマー、カンボジア、パキスタン、バングラデシュ、スイス、イタリア、オーストリア、ハンガリー、ノルウェー、スウェーデン、ブルガリア、セルビア、モンテネグロ、オーストラリア、アメリカ 中国、香港、台湾、韓国、インドネシア、シンガポール、カンボジア、マカオ、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、カタール  日本中国、米国、英国、インドなど、世界48ヶ国
公式サイトを参照)
容量超過後の速度 128bps 128bps 128bps 128bps 128bps
日本の回線 ソフトバンク ソフトバンク ドコモ  ドコモ
備考 タイ国内で6時間データ利用可(速度4Mbps)

コメント

  1. 菜種 より:

    始めてコメします
    大変詳しいそして有益な情報感謝いたします
    実は今回サワナケートにビザ取りを計画
    バンコクーサワナケートーバンコクが旅程ですが
    ラオス・サワナケートではSIM2FLYのボーダーカントリーパッケージを
    考えていますが タイ国内(当方trueユーザー)をSIM2FLYの追加パッケージなど無いでしょうか? SIM2枚は必須でしょうか? よろしくお願いします

    • nisizawa より:

      ご質問の内容を整理させてください。
      タイ在住のtrueユーザーで、現在はsim2flyを持っていない。
      バンコクからサワンナケートへ往復するので、
      ラオスとタイでデータ通信をしたい、
      ということでしょうか?

  2. 菜種 より:

    分かり難い文章ですいません
    その通りです
    ただ現在AIS SIM2FLY(有効)のSIMはあります
    よろしくお願いします

    • nisizawa より:

      返信が遅くなってすみません。
      それでしたらラオスではボーダーカントリーパッケージを利用、
      タイでは通信パッケージを購入して利用、またはいまお使いの true を利用
      という方法になりますね。
      タイとラオスの2つの国を、1枚のSIMで通信するのはできないと思います。

      • 菜種 より:

        ご回答ありがとうございました
        やはり一枚のSIMで済ますことは無理のようですね

        情報宝庫の貴ブログこれからもフォローさせていただきます

  3. 桂秀光 より:

    nisizawa 様
    Fly2Simを2019年2月にAmazonJapanのウエッブサイトで購入し、2019年3月にインド・アンドラプラデシュ州ビジャナヤワダ市で8日間だけ使った者です。
    その後、SIM2FLYはほったらかしにしていたのですが、また、インド・アンドラプラデシュ州ビジャナヤワダ市に出かける予定が入り、ほったらかしにしていた、2019年3月に8日間使った、Fly2Simを再利用できるのかどうか?
    知りたいと思い投稿させて頂きました。
    お忙しいとは存じますが、御回答頂ければ幸いです。

    • nisizawa より:

      桂さん
      2019年3月でしたら問題なく使えるはずです。
      記事で解説した my AIS アプリを使うか、コマンド
      *121#:残高と有効期限を確認
      *545#:自分の番号を表示
      などを使って、有効期限を確認してみてください。