バンコクから行けるおすすめ旅行地14選!【日帰り・1泊・2泊】

旅好きの筆者が、バンコク周辺のおすすめ旅行地をまとめてみました。

有名な場所などはガイドブックにおまかせすることにして、この記事では

  • あまり有名ではない場所
  • 筆者が実際に行って面白かった場所

をまとめています。土日や連休のお出かけの参考になれば幸いです。

宿泊日数は、筆者の経験を基にしましたが、スケジュールによってはもっと短くしたり、長くしたりもできると思います。バンコクからの距離は、BTSプロンポン駅を基準にしました。

バンコクから日帰り

バンコクから半日~1日程度で行けるところ。お子さんを連れて遊びに行っても喜ばれそうです。

クレット島でお散歩

(出典:pantip.com)

焼き物、お菓子、クラフトビールで有名なクレット島。バンコクからちょっとお散歩に行く気持ちで、軽く訪ねられます。

  • 所要時間:半日
  • 行き方:タクシーでクレット島の対岸にある船着場へ行き、渡し船に乗ればすぐ
  • バンコクからの距離:26km 地図
  • 時期:いつでも

下のリンクはタイ語ですが、写真を見てるだけでも楽しいです。

過去記事「タイでクラフトビールが熱い!」にも書いたんだけど、バンコクに近いクレット島に、クラフトビールの聖地があると聞いたので、ひとりでぶら...

バンプー保養地でカモメと遊ぶ

(出典:chinsangtrip.com)

サムットプラカーン県の海辺にあるバンプー保養地。エサを投げるとカモメが空中でキャッチしてくれます。ここのレストランは美味しいので、カモメと遊んで、ご飯を食べてくるのがおすすめです。近所にあるクロコダイルファームやムアン・ボーラーンに寄ってもいいですね。

  • 所要時間:半日
  • 行き方:タクシー、自動車、バス
  • バンコクからの距離:37km 地図
  • 時期:カモメがいるのは11~5月
バンプー保養地スックター橋の先端まで歩いて来ました。そこにあるのは、サーラー・スックジャイという建物。訳せば、心の保養館って感じですかね。ちなみにスックターは目の保養の意味ですので、橋を歩いてここまで来れば、目と心どちらの保養にもなるという算段ですね(笑

アユタヤで焼海老を食べまくる!

(出典:www.wongnai.com)

アユタヤは有名な世界遺産の古都ですが、実はめちゃくちゃ美味しい焼海老も有名です。下記の「激旨!タイ食堂」では2ヶ所を紹介しています。

こちらはバス、鉄道、ロットゥーを使っても行ける場所にあります。

アユタヤ BAN MAI RIM NAM の 川エビ炭火焼き(クンパオ)は罪な奴

こちらは車がないと難しいかな。値段は安いので、僕はよくこっちに行ってます。

アユタヤのエビ市場でクンパオ(焼きエビ)三昧!

  • 所要時間:半日~1日
  • 行き方:タクシー、自動車、バス、鉄道、乗り合いヴァンなど
  • バンコクからの距離:82km 地図
  • 時期:いつでも

バンパコン川の河口でイルカ・ウオッチング・クルーズ

(出典:ターバーン区役所ウェブサイト)

バンコクから車で約1時間。チャチュンサオ県のバンパコン川の河口から舟に乗ると、イラワジイルカ(別名カワゴンドウ)が見れます。

2018年2月に現地に行って確認したところ、イルカが見れるのは10月~12月のみ、最盛期は11月とのことでした。2018年10月になったら行って、詳細記事を書くつもりです。

  • 所要時間:半日
  • 行き方:タクシー、自動車
  • バンコクからの距離:71km 地図
  • 時期:10~12月(イルカが多いのは11月)
私が子供の頃、母親が紡績工場で働くのを止めて働き始めたのが、フェリー大阪の泉大津と淡路島の志筑港を結ぶフェリーの売店での販売員でした。で、のどかな時代のころの話です。母親が近所の紡績工場で働いているときは、毎日紡績工場の中が遊び場でした。機械で指を失なう人や腕を失う人もたまにいて、「危ないから機械には絶対に触るな」と言...

バンコクから一番近い島 シーチャン島へ♪

(出典:www.phudoilay.com)

チョンブリー県シーラチャの沖にあるシーチャン島。日帰りで行ける距離にありますが、海は綺麗です。島には日本人向けの釣り筏 陣田筏 があり、釣りを楽しむこともできます。

  • 所要時間:1日
  • 行き方:タクシー、自動車、バス、乗り合いヴァンなどでロビンロン・シーラチャまで行き、そこから舟で約1時間
  • バンコクからの距離:103km 地図
  • 時期:いつでも
シーチャン島(ko sichang)の場所、行き方、ホテル、絶景ポイント、注意事項、帰り方を記載致します。

タイ国鉄の日本製SLに乗る!

タイ国鉄は年に4回、日本製の蒸気機関車(SL)を運行しています。2018年の運行予定日は、3月24日、8月12日、10月23日、12月5日の4回。切符は2ヶ月前に発売開始です。詳しくは下記の記事をご覧ください。

タイ国鉄は年に4回だけ、日本製の蒸気機関車(SL)を運行しています。 この蒸気機関車は、昭和初期に日本で製造され、戦後間もなく...
  • 所要時間:1日
  • 行き方:フアランポーン駅または停車駅から乗車
  • 時期:3月24日、8月12日、10月23日、12月5日の年4回

タイ国鉄の「ひまわり列車」に乗る!

タイ国鉄は毎年11月~1月の土日に、バンコク近県のひまわり畑とダム湖へ日帰り観光に行く臨時列車、通称「ひまわり列車」を運行しています。詳しくは下記の記事をご覧ください。

タイ国鉄が毎年11月~1月に運行している通称「ひまわり列車」の運行日や時刻表の情報です。日帰りで手軽に楽しめますので、バンコク近郊にお住まいの方は、ぜひ一度行ってみてください。
  • 所要時間:1日
  • 行き方:フアランポーン駅または停車駅から乗車
  • 時期:毎年11月~1月の土日

バンコクから1泊旅行

アンパワー水上市場とホタル見物船

(出典:www.thaiembassy.org)

アンパワー水上市場はバンコクから近いため、日帰りでも行けなくはないんですが、夜にホタルを見てから泊まり、朝に托鉢をしてから帰ってくるプランをおすすめします。
詳細は下記の記事をご覧ください。

バンコクから約100km、サムットソンクラーム県に、アンパワー水上市場(地図 )という観光地がある。 旅行ガイドなどを見ると、...
  • 所要時間:1泊2日
  • 行き方:タクシー、自動車、乗り合いヴァン
  • バンコクからの距離:85km 地図
  • 時期:ホタルがたくさんいるのは5〜10月だが、いつ行っても少しは見れる。水上市場は金~日のみ開催

ラン島のきれいな海!

(出典:ipattaya.co)

パタヤ沖にあるラン島。パタヤまでの交通の便が良く、シーチャン島よりも広いのはメリット。日帰りでも楽しめますが、宿泊施設も多いため、1泊しても良いでしょう。島ではバイクを借りて動き回るのがおすすめです。中国人で混むビーチはうまく避けましょう。

  • 所要時間:1泊2日
  • 行き方:タクシー、自動車、バス、乗り合いヴァンなどでパタヤの船着場まで行き、そこから舟で約30分
  • バンコクからの距離:138km 地図
  • 時期:いつでも
タイのバンコクからパタヤ経由で気軽に行ける綺麗なビーチ「ラン島」。行き方や魅力を書きます。

ウドンタニで蓮の池を見る

(出典:mthai.com)

湖を埋め尽くす一面の蓮の花。タイにいる間に、一度は見に行きたい光景です。前日にウドンタニ入りして、早朝に蓮の花を見物、それからバンコクに戻る、というスケジュールが一般的。LCCを使えばバンコク~ウドンタニは片道1,000バーツ程度です。

  • 所要時間:1泊2日
  • 行き方:バス、飛行機、国鉄でウドンタニまで行き、そこからツアーまたはレンタカー
  • バンコクからの距離:565km 地図
  • 時期:12月~2月が最盛期と言われてますが、他に時期も少しは見られるそうです。

バンコクから2泊旅行

タイの避暑地ホアヒンへの旅

(出典:www.chillpainai.com)

王室御用達の避暑地ホアヒン。近隣に観光地がたくさんあるので、2泊以上、または長期滞在もおすすめです。

  • 所要時間:1泊2日~2泊3日
  • 行き方:自動車、バス、乗り合いヴァンなど 地図
  • バンコクからの距離:196km
  • 時期:いつでも
タイの首都バンコクの南西200キロに位置するホアヒンは、王室の保養地として、またタイの富裕層に愛され続けてきた気品漂うリゾート地。ヨーロッパやオセアニアのファミリーや長期滞在者に人気が高く、旅行者のリピーター率...

ホアヒンまで来たら、少し足を伸ばしてプラヤーナコーン洞窟(地図 )にも寄りたいですね。

サメット島でのんびり

(出典:pantip.com)

シーチャン島 → ラン島 → サメット島 → チャーン島と、バンコクから離れれば離れるほど海は綺麗になります。サメット島に行くなら、シュノーケリングツアーに参加するのがおすすめです。ライフジャケットを着けて浮くだけなので、子供でも泳げない方でも安心して楽しめます。海中の珊瑚や魚を初めて見たときは、その美しさに感動しました。

  • 所要時間:1泊2日~2泊3日
  • 行き方:バスでラヨーンへ行き、そこから舟
  • バンコクからの距離:189km 地図
  • 時期:いつでも

サンカブリーで、ダムに沈んだ寺院とモン族の木造橋を訪ねる

(出典:kapook.com)

カンチャナブリ県の最深部、ミャンマーとの国境にあるサンカブリ。そこにはモン族が作ったタイ最長の木造橋や、ダム湖に沈んで乾季だけ現れる寺院があります。少し遠いのですが、個人的にはおすすめの場所です。

  • 所要時間:2泊3日~3泊4日
  • 行き方:バス・自動車で約6時間
  • バンコクからの距離:368km 地図
  • 時期:ダム湖に沈んだ寺院が現れるのは4~5月
家内が  カーオ・レーム貯水湖に架かる木造橋を見たいわ  と言うので、ミャンマー国境線上にある三仏塔峠に向う予定を先延ばしにして、カーオ・レーム貯水湖畔へ&
モン橋脇の竹橋から出発した船は、カオレーム・ダムの湖面を進んでいきます。 背後のモン橋がどんどん小さくなっていくと、 前方に金色の立派な仏塔が見えてきました。 「ワット・ワンウィウェーカーラームの仏塔でインドのブッタガヤの  仏塔と同じ形に造られました」 と子供船頭さん。 歳を尋...

チャンタブリーでドリアン食べ放題!

(出典:welovetogo.com)

  • 所要時間:1泊2日~2泊3日
  • 行き方:自動車で約3時間半 エカマイからバスで約4時間
  • バンコクからの距離:241km 地図
  • 時期:果物のベストシーズンは5月

ラヨーン県|フルーツ食べ放題の果物農園 Supatra Gardenに行ってみた