【バンコクからのおすすめ1泊旅行】アンパワー水上市場への旅

(夕方のアンパワー水上市場)

バンコクから約100km、サムットソンクラーム県に、アンパワー水上市場地図 )という観光地がある。

旅行ガイドなどを見ると、日帰りで行けると書いてあることが多い。実際に日帰りでも行けるのだが、ここに行くなら1泊2日で行くことをおすすめしたい

なぜなら、アンパワーには

  1. 夜は舟に乗ってホタルを見る
  2. 早朝は舟でやって来るお坊さんに托鉢する

という2大イベントがあるのだ。

日帰りで行くと、舟に乗ってホタルを見ることはできるけど、夜になってからバンコクまで戻ることになり、疲れるし、早朝の托鉢もできない。

時間に余裕があるなら、ぜひ1泊してほしい。

この記事では、

「バンコクから1泊2日で行く、アンパワー旅行のおすすめプラン」

を提案している。アンパワー水上市場へ旅行に行くときの参考にしてほしい。

ちなみに、同じサムットソンクラーム県には「ダムヌンサドゥアク水上市場」もあり、こちらも有名だ。しかしこちらは観光地化されていてあまり面白くない。行くならアンパワーをおすすめする。

アンパワー旅行のおすすめの時期

まず、アンパワー水上市場は、金・土・日のみ開いているので、平日に行かないように注意してほしい。

ホタルがたくさんいるのは5〜10月だが、いつ行っても少しはいるので、季節はあまり気にしないで良いだろう。

アンパワーへの行き方

ロットゥー(乗り合いヴァン)は、モーチットバスターミナル、エカマイバスターミナル、旧南バスターミナルから出ている。所要時間は1時間~1時間半程度。

しかし、タイ在住の方なら、自家用車またはレンタカーがおすすめだ。車なら近隣のレストランや観光地にも行ける。自分で運転するのが不安な人や、途中でお酒を飲みたい人は、車&運転手を雇ってもいいだろう。以下のスケジュールは、車があるという前提で書いているので、車がない方は適当にアレンジしてほしい。

アンパワー旅行のスケジュール

1日目 – 午前

軽く朝ごはんを食べてから、バンコクを午前9時頃に出発する。バンコクからの下り線は、土曜日は渋滞していることが多い。それでも9時に出れば十分だ。

行きの国道脇では、塩田で採れた塩を売っている。

(出典:pantip.com)

気が早いが、ここで売っている塩はお土産に最適だ。値段は 1kg あたり 20~30バーツ程度と安いので、たくさん買っていこう。料理をする人にプレゼントすると喜ばれる。

運が良ければこの辺り で猿に会える。

(出典:www.77jowo.com)

1日目 – 昼食

ナムティップ2・レストラン

目的地はナムティップ2(地図 )という、海沿いにあるタイレストラン。

このレストランは、もうちょっとアンパワー寄りの場所にも支店がある(地図 )。どちらも美味しいタイ料理を食べさせてくれる店だ。

ここで、近くの港から運ばれた新鮮なカニ、エビ、イカをたっぷり食べよう。この付近で採れるマテ貝の料理も試してみたい。レストランについては、下記のブログにも情報がある。

シーフード・レストラン「ナムティップ2」に足を踏み入れると& 閑散としてます(笑) まぁ、平日だしシーズンでも無いですからこんなもんなんでしょうね。 でも海べりの1列だけはほぼお客さんで埋まってま

1日目 – 午後

ドーン・ホイロート海岸公園

ご飯を食べ終わったら、すぐ近くにあるドーン・ホイロート海岸公園(地図 )へ行こう。

(出典:pantip.com)

ここでは潮干狩りもできるのだが(3~4月のみ)、貝はあまり採れないらしいし、暑くて大変なので、あまりおすすめはしないが、やりたい人はチャレンジしてほしい。

この海岸からは観光船が出ている。

(出典:www.bansansuk.com)

1艘・1時間400バーツ程度で付近を一周してくれる。船頭さんにもよるが、運河を軽くさかのぼったり、遠浅の海で舟を停めて、海中を歩かせてくれたりしてくれる。

(運河に入ったところ)

潮風が気持ち良い。

(船上から)

面白い体験ができるのでぜひ乗ってみてほしい。

舟遊びを終えたら、宿にチェックインするもよし、他の観光地をめぐるのもよいだろう。アンパワー水上市場までは車で約20分だが、市場はに行ったほうが良い。

ここでは、付近にあるおすすめの観光地を紹介する。自分で車で回ると楽だが、アンパワーからのツアーも出ている。1日目の時間が足りなければ、2日目の午後に回っても良いと思う。

聖母生誕大聖堂

サムットソンクラーム県には美しい聖母生誕大聖堂地図 )がある。

(聖母生誕大聖堂)

時間帯によっては内部も見学できる。ウィキペディアのラーチャブリー教区 や下記ブログを参照。

バーンノーイ水上マーケットまで来た際にバスを降りた市場前に戻ってバスを待ちます。7,8分も待つと読みどおりにバスがやって来ました。おや、今度は大きなバスですね。乗り込みまーす。時刻は12:58。やはり1時間に1本のようですね。椅子につくと男性の車掌さんが
バーン・ノーイ水上市場

バーン・ノーイ水上市場地図 )は、アンパワー水上市場に比べるとこじんまりした市場で、人も少ないが、ノンビリした雰囲気があって良いところだ。教会への通り道なので、少し寄って散歩すると楽しい。

(出典:http://www.paiduaykan.com/76_province/central/samutsongkhram/bangnoi.html)

詳細は ThailandScanMe.com の記事が詳しい。

バーン・グン寺

バーン・クン寺は、タークシン王が軍事拠点とした由緒ある寺。菩提樹に覆われた本堂は必見。馬にエサもあげられます。

(出典:http://www.addsiam.com)

バーン・グン寺については下記ブログが詳しい。

1日目 – 夜

アンパワー水上市場

(夕方のアンパワー水上市場)

アンパワー水上市場は夜が本番。夜店でいろいろ買い食いするも良し。市場付近に夕食を食べれるお店はたくさんある。

(アンパワー水上市場付近の露店)

暗くなってから、ホタル見物のボートに乗ろう。ひとり50~60バーツ程度。夜は寒いので、上着を持っていくと良い。

(ホタル見物ボート)

(出典:pantip.com)

実際にはここまで大量のホタルが見えることは珍しいので、あまり期待しすぎないこと。

アンパワーの夜は早い。夜10時ころになると、ほとんどの店が閉まる。

1日目 – 宿泊場所はどうやって選ぶ?

宿は、アンパワーの中心部が良いだろう。理想的なのは、アンパワーの運河沿いにある宿だ。翌朝早く、運河で待っていれば、お坊さんが舟で托鉢にやってくる。

(出典:oknation.nationtv.tv)

アンパワーの宿を2つ紹介したい。

「タニカ リゾート」は大人2人+子供2人まで泊まれ、朝食付きで1泊1,000バーツ~と手頃な宿だ。駐車場もある。ただし週末はすぐ満室になるため、予約は難しいかもしれない。

Agodaで「タニカ リゾート」の詳細を見る

車があるなら、中心部から少し離れた場所でも大丈夫だ。場所はメークロン川沿いがいいだろう。メークロン川にもお坊さんが舟で托鉢にやってくる。

「バーン・シリポーン・リゾート」は、メークロン川沿いにあり、托鉢の用意をしてくれる(確か200バーツ)。朝食付き、駐車場もあり、1泊1,000バーツ~。

Agodaで「バーン・シリポーン・リゾート」の詳細を見る

週末の宿はすぐ満室になるので、早めに予約することをおすすめする。アンパワーの宿は他の場所より高めなので、値段の割に設備が古いのは勘弁してやってください。

2日目 – 早朝

早朝に起き、托鉢を見学して、朝食を食べたら、メークロン鉄道市場へ行こう。

メークロン鉄道市場

(出典:www.ท่องทั่วไทย.com)

メークロン鉄道市場(地図 )は、誰もが一度は写真で見たことがあるだろう。汽車が通過するとき、お店が傘をたたむ光景が有名だ。

どうせ行くなら、お店が傘をたたみ、鉄道が通過するところを見たいよね。

鉄道の時刻は

  • 06:20 メークロン発
  • 08:30 メークロン着
  • 09:00 メークロン発
  • 11:10 メークロン着
  • 11:30 メークロン発
  • 14:30 メークロン着
  • 15:30 メークロン発

となっているので、ぜひ時間に合わせて行ってほしい。
メークロン鉄道市場については下記のブログが詳しい。

2日目 – 昼食

ゲーソンでプーカイ(蟹の卵)を食べる!

そろそろ帰ってもいい頃だけど、せっかくなので少し足を伸ばして、レストラン「ゲーソン」(地図 )でプーカイ(蟹の卵)を食べておきたい。

(出典:www.wongnai.com)

ゲーソンのプーカイ(蟹の卵)については下記の記事参照。

サムットソンクラーム県|茹でたプーカイ(蟹の卵)で舌鼓!

まとめ

1泊2日のアンパワー水上市場への旅、いかがだったでしょうか。

バンコクから近いとは言え、シーフードは絶品の美味しさ。

また、ホタル見物の舟に乗ったり、鉄道市場を見たりと、楽しいイベントも盛りだくさんで、2日間を目一杯楽しめる内容だと思います。

バンコク在住の方は、一度と言わず、何度でも行って楽しんでほしい場所です。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル (大)広告