タイ~カンボジア・ポイペト国境~シェムリアップ陸路旅行(2/3 滞在編)【2019年8月】

(シェムリアップを走る PassApp のトゥクトゥク)

(シェムリアップを走る PassApp のトゥクトゥク)

2019年8月10~12日に、タイ・ランシットから、カンボジア・ポイペト国境を越えて、シェムリアップまで、全て陸路で旅行してきたときの記録です。

  • 8月10日(土)タイ→シェムリアップへ移動(記事リンク
  • 8月11日(日)シェムリアップ滞在(この記事)
  • 8月12日(月)シェムリアップ→タイへ移動

アンコール国立博物館へ

8月11日はシェムリアップのホテルで起きて、まずは朝食。

アンコール・ワットの遺跡群は見たことがありますので、今日はアンコール博物館へ行くことにしました。朝は涼しいだろうと歩いていったところ、けっこう暑くて距離もあり、着いたときは汗だく。トゥクトゥクを使えば良かったかも。

博物館は展示品も豊富で、日本語のオーディオガイドも借りられます。この展示を見ると、現在のタイの北部と中部、ラオスの南部まで勢力を伸ばしたクメール王朝の全体像が理解できるようになっています。情報量が多すぎて、僕には処理しきれませんでしたが。。。入場料は12ドル。

個人的には、クメール王朝がなぜ崩壊したのか?という点に興味を持っています。一説には、治水を複雑にしすぎたところに気候変動が重なり、コメを作れなくなり、王国を維持できなくなった…と言われています。ナショナル・ジオグラフィックに詳しい記事がありました。

このサイトは日経ナショナル ジオグラフィック社が運営する、「ナショナル ジオグラフィック」の総合サイトです。雑誌やDVD、写真などさまざまなコンテンツを提供しています。

ジャレド・ダイアモンド著『文明崩壊』(Amazonリンク)でも、同様の推測が述べられています。

配車アプリでトゥクトゥクに乗る

シェムリアップでは、PassApp と Grab という2つの配車アプリがよく使われているようです。

2つのアプリの差は、PassApp は現金決済ですが、Grab はクレジットカード決済ができます。カンボジアでは小額紙幣のやり取りが面倒なので、今回はクレカで払える Grab を使ってみました。

アプリを使ってトゥクトゥクを呼ぶと、数分でトゥクトゥクが登場。何回か使ってみると、Grab なのに PassApp のトゥクトゥクが来たこともあり、どうやら運転手は両方のアプリを使っているようです。

トゥクトゥクが来たら「ハロー」と乗り、目的地に着いたら「サンキュー」と降りるだけ。料金は自動的にクレジットカードに課金されます。値段の目安としては、1kmで1ドル、2kmで2ドルという感じでしょうか。行き先や料金を伝える必要もなく、運賃も安い。最高に便利ですね。

トゥクトゥクでパブストリートに戻り、お昼を食べました。鶏肉のカシューナッツ炒めとマンゴーシェイクで5ドルくらいだったかな?

鶏肉のカシューナッツ炒めとマンゴーシェイク

シェムリアップで連泊

翌日も休日でしたので、この後はどうしようかといくつかプランを考えてみます。

  1. 陸路でプノンペンへ行き、プノンペンから飛行機でバンコクへ帰る
  2. シェムリアップにもう1泊して、飛行機でバンコクへ帰る
  3. シェムリアップにもう1泊して、陸路でバンコクへ帰る(これを採用)

久しぶりにプノンペンも行ってみたかったのですが、飛行機の時間や価格を調べた末にやめて(遅い便が高かった)、シェムリアップにもう1泊して、明日陸路でバンコクへ戻ることにしました。

Agoda で探すと、こちらのチーサタ アンコール ホテル(Agodaリンクが良さそうなので予約しました。1泊536バーツで、朝食なし、プール付き。ここを予約して、チェックインしました。

水泳パンツは持ってこなかったので、パブストリート近くにあるオールド・マーケットに行き、言い値10ドルの水泳パンツを9ドルに値切って購入。1時間ほど泳いできました。

その後はパブストリートで休憩。

夕食はカンボジア料理

ホテルの近所に、お客さんで賑わっているレストランがあったので入ってみたところ、これが大当たり。味・サービスが良く、値段もお手頃。

クメール・テースト・レストラン(地図)というお店です。

ツイッターでビーフシチューが美味しいと情報をいただきましたので、次はぜひ試してみたいですね。

2日目の旅費

・アンコール博物館の入場料:12ドル
・Grab トゥクトゥク:1ドル
・お昼:5ドル
・ホテル代:536バーツ
・水泳パンツ:9ドル
・夕食:3ドル(ツイッターに3.5ドルと書きましたが、正しくは3ドル)
合計 30ドル+536バーツ=約 1,500バーツ。

帰路編に続きます。