ルアンパバーン/ビエンチャン~福岡の直行便、11月に就航!?今度は信じていいのか!?

(ラオス航空の ATR-72 筆者撮影)

(ラオス航空の ATR-72 筆者撮影)

ラオス航空が2019年11月にも日本・福岡とラオス・ルアンパバーン/ビエンチャンに直行便を就航させる計画があると、日経新聞が報じています。

日経新聞2019年2月17日付記事「日本―ラオス 初の直行便 福岡発着 11月にも 」:

ラオスの国営航空ラオス航空が、日本との初の定期直行便を11月にも就航させる方向で検討していることが分かった。(中略)

将来は全日本空輸(ANA)とのコードシェア便にすることも検討する。混雑空港である福岡空港の発着枠を確保するため、福岡発着は早朝とする方針。ラオス航空の関係者によると、月曜と金曜にビエンチャン線、木曜と日曜にルアンパバーン線を設定する方向で検討している

運行スケジュールを予測!

記事の内容から、運行スケジュールを予測してみましょう。

福岡発着の離発着可能時間は7時~23時です。記事に「福岡発着は早朝」とありますから、早朝に福岡で折返すのでしょう。そうすると、次のようなスケジュールになると推測します。

木:ルアンパバーン発1:30~福岡着8:00
木:福岡発9:00~ルアンパバーン着11:30金:ビエンチャン1:30~福岡着8:00
金:福岡発9:00~ビエンチャン着11:30

日:ルアンパバーン発1:30~福岡着8:00
日:福岡発9:00~ルアンパバーン着11:30

月:ビエンチャン1:30~福岡着8:00
月:福岡発9:00~ビエンチャン着11:30

注)現地時間です

このスケジュールですと、日本からラオスへ行くときは、東京・大阪から始発便で来れば、福岡に8時半ころ到着し、ラオス行きの便に乗り換えることができます。ただし、名古屋や札幌などから来る場合は、東京・大阪・福岡のどこかで前泊する必要がありますね。

また、ラオスから日本に帰るときは、ラオス出発が深夜になってしまうのが大変ですね。深夜1時ころまで仮眠してから、空港に向かうことになりそうです。ただ、福岡着が早朝ですので、福岡から各地への乗り継ぎは便利でしょう。

ちなみに現在、成田からルアンパバーンへ往復するときは、ベトナム航空のハノイ経由で来るのが一般的です。このベトナム航空は、航空券は安いんですが、乗り換えの待ち時間を入れると12時間くらいかかりますし、よく遅れるので、この直行便の方が利用されるようになると思います。

記事を信じちゃいけないYo!

しかし、この記事は鵜呑みにしてはいけません。実は日経新聞もそのことに気づいていると思います。それが記事タイトルにある「11月にも」がそれです。この意味は「早くて11月、たぶん遅れる」ということです。

なぜなら、ラオス航空の日本直行便については、以前にもやると言って立ち消えになった前科があるからです。

2017年10月、「ラオス航空が2018年中に、ビエンチャン~成田、成田~長崎経由~ビエンチャンの直行便を就航させる」という報道がありました。しかしその後は何の音沙汰もなく立ち消え。そして何食わぬ顔で出てきたのが今回の報道です。え、前の話は?と思っちゃいますよね。

今回の件、旅行業界としては、11月から始まるラオスの観光シーズンに就航させたいという意向があるんでしょうけど、果たしてうまくいくんでしょうか!? 今回も同様に立ち消える可能性があると思いますので、期待はホドホドに待ちたいと思います。

参照記事リンク