【2020年版】タイの RMF(退職投資信託)情報まとめ

タイで個人所得税を節税する手段のひとつが、この RMF(退職投資信託)の購入です。

RMF は、SSF や生命保険といった他の節税手段と同じように、購入時に所得控除が受けられます。ただし、自分で貯める退職金という性質があるため、売却できるのは満55歳以降になってからです。このため、若い方には向いていませんが、40代後半以降の方にはおすすめの節税方法です。

LTF(長期投資信託)は2020年を最後に終了しました。LTFの替わりとなる節税手段として、 RMF を検討する方が増えそうです。

RMF に関する Q & A

Q. RMF とは?

A. 「Retirement Mutual Fund」の略で、日本語に訳すと「退職投資信託」です。タイの公的年金制度は貧弱なため、定年に備えて市民が自分で貯蓄ができるようにと、タイ政府が定めた税の優遇制度です。この制度で定められた投資信託を購入すると、購入時と売却時に税の優遇が受けられます。

Q. RMF が通常の投資信託と異なる点は?

A. 3つあります。

  1. 条件を満たすと、税法上の恩典が受けられる
  2. RMFは譲渡・質入れできない
  3. 「分配金なし」の投資信託のみ

Q. RMF を利用する条件は?

A. 4つの条件があります。

  1. 購入を始めたら、途中で止めてはならない。年1回以上は購入すること
  2. 購入の最低金額は、年間所得の 3% か 5,000バーツのどちらか少ない方(年収17万バーツ以上なら後者)。購入金額は毎年異なっても良い
  3. 途中で購入を1年間休んでも良いが、連続2年間休んではならない(1年おきの購入は可)
  4. 売却は、満55歳かつ投資期間が満5年(購入しなかった年は数えない)になってから。満5年保有したら売却可

Q. RMF で所得控除を受ける条件は?

A. 課税所得の30%まで控除できます(2019年までは15%、2020年から30%に拡大)。ただしSSF、年金保険控除、退職金積立基金(プロビデントファンド)と合算して、年間最大500,000バーツまでです。それを超えた分は控除できず、売却時にキャピタルゲインを所得として申告する必要があります。

Q. RMF の購入時に税金はいくら還付されるの?

A. 2つのケースを考えてみます。

  1. 所得100万バーツの人が最大限の15万バーツ購入 → 所得税3万バーツ(15万 x 20%)が還付される
  2. 所得200万バーツの人が最大限の30万バーツ購入 → 所得税7.5万バーツ(30万 x 25%)が還付される

Q. RMF のリスクは?

A. 投資信託ですので、元本は保証されず、下落のリスクがあります。ただし、株式型、債券型、混合型、金投資型などさまざまな RMF がありますので、商品を選べば自分でリスクをコントロールできます。

また、赤字になるのは、投資信託の価値が還付額以上に下落したとき、つまり上記の例で言えば 20~25% 下落したときなので、赤字になる可能性は低いと私は考えています。

なお、販売した銀行や証券会社が倒産しても、投資信託の資産は保全されます。

Q. 注意点は?

A. 5年以上保有し、かつ満55歳になるまでは解約できないので、計画的に購入しましょう。あと、年初の還付申請を忘れると還付されませんのでご注意を。

Q. どこで買えばいい?

A. 銀行、証券会社で購入できます。手軽に買えるのは バンコク銀行、SCB銀行、カシコン銀行、アユタヤ銀行などの大手銀行です。必要な書類は、パスポートと労働許可証です。

Q. 売却益や分配金は課税される?

A. RMFの対象となる投資信託は、「分配金なし」の商品だけですので、分配金への課税はありません。キャピタルゲイン(売却益)は非課税ですが、課税所得の15%を超えて購入した分は、売却時にキャピタルゲインを所得として申告する必要があります。

Q. どの RMF を買えばいい?

A. 各社がさまざまな RMF を販売しています。どの RMF の価格が上がるかはわかりませんので、手数料が一番低いものを選ぶのが投資の基本です。次の項で、おすすめのRMFを紹介しています。

おすすめの RMF

タイの大手銀行(バンコク銀行、SCB銀行、カシコン銀行、アユタヤ銀行)が販売している RMF から、おすすめの RMF を選んでみました。購入する際は、手数料、リスク、過去の実績などを検討すると良いでしょう。

・リスクレベルは、1(低リスク)~8(高リスク)の8段階です。
・RMF 名をクリックすると詳細ページに移動します。
・2020年9月更新の情報です。

債券型の RMF

主にタイの国債や社債で運用する投資信託です。

債券価格は金利が上昇すると下がり、金利が下降すると上がります。アユタヤ銀行の  KFCASHRMF は、タイ国債で運用していてほぼ定期預金と考えてよいでしょう。

運用会社 名称 リスクレベル 信託報酬
アユタヤ KFCASHRMF 1 年0.26%
アユタヤ KFGOVRMF 4 年0.47%
カシコン KSFRMF 4 年0.55%
バンコク BFRMF 4 年0.49%
SCB SCBRM1 4 年0.68%

タイ株式型の RMF

主にタイ株式で運用する投資信託です。

数字の100がついているものはタイのSET100指数、50がついているものはタイのSET50指数の連動型です。

運用会社 名称 リスクレベル 信託報酬
アユタヤ KFS100RMF 6 年0.75%
カシコン KS50RMF 6 年0.76%
SCB SCBRMS50 6 年0.65%
バンコク BSIRIRMF 6 年1.73%

2018年くらいまでは手数料率に差があったのですが、現在はどこで購入してもあまり変わりません(ただしバンコク銀行は高い)。

外国株式型の RMF

外国株式で運用する投資信託です。タイ株式だけですと資産配分のバランスが悪くなりますので、全世界や米国株式も入れてバランスを取ると良いでしょう。

運用会社 名称 リスクレベル 信託報酬 内容
SCB SCBRMS&P500 6 年0.0945% 米国S&P500インデックス連動型
アユタヤ KFGBRANRMF 6 年0.9042% グローバル・ブランズ・ファンド

金の RMF

資産の一部を金で運用したい方向け。

運用会社 名称 リスクレベル 信託報酬 内容
バンコク BGOLDRMF 8 年0.678%
アユタヤ KFGOLDRMF 8 年1.20%

RMF のスイッチング

RMF を中途解約することはできませんが、途中で投資対象を乗り換えることができます。これをスイッチングと言います。スイッチングは、同じ銀行の投資信託同士でのみ可能です。

スイッチングでは、全額を買い換える必要はなく、例えば A という投資信託のうち、任意の金額を B という投資信託に買い換えることができます。そのときに利益が出ていても課税はされません。

実際にスイッチングを少し実験してみたところ、アユタヤ銀行では、KFCASHRMF へのスイッチングはできましたが、KFGBRANRMF へのスイッチングはできませんでした。スイッチング元の制限はないようですが、スイッチング先に選べない投資信託もあるようです。

スイッチングの利用方法としては、

  • 株価が高値圏内にあると判断し、株式型を利確して安全な債券型に切り替える
  • 年齢と共に、一定の割合を株式型から債券型に切り替えてリスクを減らす

といったことが考えられます。

RMF の購入例

例えば、満45歳の誕生日から満54歳の誕生日までの10年間、RMF を毎年10万バーツ購入したとします。

  • 45~54歳までの10年間に、計100万バーツを購入
  • 節税額は2.5万バーツ/年 x 10年 = 計25万バーツ(税率25%の場合)
  • 55歳になったとき、5年以上保有した60万バーツ分を売却できる
  • 56~59歳に毎年10万バーツ分を売却できる

55~59歳で売却せずに、例えば60歳で全額売却することも可能です。こうしてみると、55歳でもらえる退職金になっていることがよくわかりますね。

上の例では購入金額=売却金額にしていますが、実際には購入した RMF の値上がりも期待できます。株式型、債券型、混合型、金など、さまざまな RMF がありますので、ハイリスク・ハイリターンを狙う方は株式型を、堅実に増やしたい方は債券型を、その中間を目指す方は株式30%+債券70%を購入するなどして、自分に合ったポートフォリオを組むことができます。

最後になりましたが、投資の判断はご自分で行ってくださいませ。

コメント

  1. すずき より:

    昨年よりRMFを購入しています。
    RMFは、毎年購入しなければならないという条件を初めて知りました。
    55歳までの間に、帰国や、長い期間の失業、リタイアをした場合、大きな問題になりそうです。
    どういう問題になるのか、ご存知であれば、ご教示願います。

    • nisizawa より:

      こちらのウェブサイトによると、条件に違反した場合は、過去5年間にさかのぼって納税する必要があります。購入の最低金額は 5,000バーツですので、何かあっても毎年 5,000バーツは購入したほうがいいですね。インターネット・バンキングの登録をしておけば、日本に帰国してもネットで RMF を購入できます。

  2. タツ より:

    RMF には分配金(配当)はありません。売却益は非課税ですが、課税所得の15%を超えて購入した分は、売却時にキャピタルゲインを所得として申告する必要があります。

    とありますが、分配金のある商品がないのか、分配金再投資が出来ない様になっているのか?
    もしくは配当のある商品がないのか? なぜか自動再投資、受け取りどちらも出来ない?
    全部が該当しますか?ちょっと意味が分からないです

    長期投資のメリットは「時間」と「お金」の分散、そして配当再投資による複利の力の増強にあると思うのですが

    個人的には分配金は必要ないですが、配当再投資が出来ない長期投資は購入したくないですね

    • nisizawa より:

      タツさん、コメントありがとうございます。
      私の書き方が悪かったですね。そもそも「配当」という言葉は投資信託には不適当でした。
      『RMFの対象となる投資信託は、「分配金なし」の商品だけです』
      と書き直しておきますが、いかがでしょうか。
      長期投資のメリットについては仰るとおりです。

  3. タツ より:

    お返事ありがとうございます
    いちゃもんをつけたみたいになって申し訳ありません

    nisizawaさんのおかげで、私はLTF,SSF、SSFXを知り、購入する事が出来ているので感謝しかありません
    更に最近またe-classの記事も読ませて頂き、RMFの話が出て来たので復習を兼ねて読み直していたら、今回の疑問が浮かびました

    今後も拝見させて頂きますので、頑張って下さい
    ありがとうございました

    • nisizawa より:

      タツさん、イチャモンだなんて、そんなことは全く思っていません。むしろ、ご指摘に感謝しています。また何かお気づきの点がありましたら教えて下さい。
      お役に立てたようで嬉しいです。