【PM2.5対策】3M製エアコン用空気清浄シートが凄すぎる件 → 4ヶ月で真っ黒に

(3M製エアコン用空気清浄シート「フィルトレット」)

(3M製エアコン用空気清浄シート「フィルトレット」)

タイでは12~2月頃の乾季になると、PM2.5 と大気汚染が話題に上ります。

室内の PM2.5 対策としては、空気清浄機を使うのが一般的ですが、エアコンに空気清浄シートを貼るだけで PM2.5 を吸着できるという話を聞きましたので、ホームセンターの Home Pro に行って買ってきました。

空気清浄シートは「フィルタレット」(Filtrete) という名前の製品で、「0.1マイクロメートルより大きい微粒子を静電気でキャッチし、お部屋の空気を清浄化します」というキャッチコピーが書かれています。

この空気清浄シートを4ヶ月間使ってみましたので、結果をご報告したいと思います。

取り付け方法

取り付け方法は、エアコンのメッシュフィルターを取り外し、空気清浄シートを同じ大きさに切って、付属のテープで貼り付けるだけ。とても簡単で、10分もかからずにできます。

(エアコンのメッシュフィルターにシートを貼り付けたところ)

(エアコンのメッシュフィルターにシートを貼り付けたところ)

(シートを貼ったメッシュフィルターをエアコンに装着)

(シートを貼ったメッシュフィルターをエアコンに装着)

取り付けたのは2019年4月1日でした。

4ヶ月使用した結果

箱には「2ヶ月で交換」と書いてあるんですが、シートを付けたことをすっかり忘れていまして、4ヶ月以上経った8月15日に取り出してみたところ…

(使用4ヶ月後の状態)

(使用4ヶ月後の状態)

なんということでしょう! シートがやばいくらい真っ黒になっています!!ww

よく観察すると、汚れているのはシート表面だけでなく、表から裏まで、厚み全体に渡って黒くなっていました。セロテープを張った部分は白いままです。

エアコンの設置場所は、屋外とドア1枚で隔てられている会社の事務所で、部屋の広さは約60平方メートル。禁煙で、空気清浄機はなく、2台のエアコンが設置されています。床はタイル張り。

部屋はいつもモップを掛けていますので、ホコリは全然ないと思っていたのですが、この汚れは一体どこから出てきたんでしょうね。

今回は会社のエアコンに付けて効果が確認できましたので、これからは自宅のエアコンと空気清浄機にも付けたいと思います。もちろん、今後は2ヶ月毎に交換します 笑

購入方法

タイでの購入方法

タイのホームセンター Home Pro では、「フィルタレット」大きさ 15″x96″ を 500バーツで購入できます。

この 15″x96″ というサイズは、会社で使っている 12,000BTU と 18,000BTU のエアコンでは、ちょうど3回分でした。

タイの通販サイト Lazada では、

  • フィルタレット 15″x24″(1回分):185バーツ
  • フィルタレット 15″x96″(3回分):500バーツ

で売っています。現時点での Lazada の最安値は、3回分のロール2本で 829バーツです。2ヶ月毎に交換するなら、少しまとめて買っておいても良いでしょうから、僕は自宅用にこの2本セットを注文しました。

参考 Lazada.co.th – filtrete の検索結果

日本での購入方法

日本では Amazon で購入できます。

この製品はタイでは1種類しか販売されていないのですが、日本では3つのグレードがあり、吸着できる微粒子の大きさが異なります。

  • プレミアムグレード:0.1マイクロメートル以上
  • ハイグレード:0.3マイクロメートル以上
  • スタンダードグレード:2.0マイクロメートル以上

僕がタイで使ったのは、0.1マイクロメートル以上ですから、プレミアムグレード相当品ですね。

Amazon での価格は、プレミアムグレードの3台分が 6,980円、ハイグレードの3台分が 2,542円ですので、コストパフォマンスが良いのは、ハイグレードでしょうか。

なんだか宣伝クサくて恐縮なんですが、Amazon のレビューも高評価ですので、参考までに貼っておきます。