タイ・バンコク銀行のクレジットカード5枚を徹底解説

タイのバンコク銀行(正式にはバンコック銀行と書くようです)が発行しているクレジットカードのうち、主要5枚のカードについて、審査条件・年会費・特典・還元率など、入手できる限りのデータをまとめました。

バンコク銀行のクレジットカードは、入会審査が厳しいことで有名です。タイで働いている人でも、カードの限度額と同額の預り金を求められることがあります。それでも日本人には非常に人気があるカードです。

バンコク銀行 VISAインフィニート

条件 バンコク銀行に1,000万バーツ以上を6ヶ月以上預金
年会費 30,000バーツ 家族カードは30,000バーツ
(1,000万バーツ以上の預金で翌年度の年会費無料)
旅行傷害保険 利用付帯 最高100万ドル
ポイント 25バーツ=2ポイント
特典
  • スワンナプーム空港のラウンジ利用化
  • ドゥシット・ホテルグループで Buy 1 Get 1 Free
  • バンコク・エアウェイズの航空券が Buy 1 Get 1 Free
  • ガソリンスタンドの Caltex とバンチャークで 10% 割引

バンコク銀行が発行する最高級のカード。

発行条件は預金1,000万バーツとなっており、富裕層向け。タイの各銀行は、こういった富裕層向けカードを発行し、これでもか!これでもか!と特典を付けて、富裕層を囲い込もうとしています。

庶民には縁がないカードですね、、、

公式ページ(英語)はこちら

バンコク銀行 プラチナ・リーダーカード (VISA)

条件 月収10万バーツ以上
年会費 4,000バーツ 家族カードは2,000バーツ
(年間15万バーツの利用で翌年度の年会費無料)
旅行傷害保険 利用付帯 最高50万ドル
ポイント 25バーツ=2ポイント
マイレージ交換 2,000ポイント=タイ航空1,000マイル(還元率 約4.0%
2,500ポイント=Bangkok Airways 10 Flyer Bonus
1,000ポイント=エアアジア 1,000 BIG Points
1,000ポイント=Tesco Lotus/Big C 100バーツ商品券(還元率 0.8%
特典
  • ロード・アシスタント・サービス (24時間無料)
  • 医療アシスタント・サービス (24時間無料)
  • コンシェルジュ・サービス (24時間無料)

バンコク銀行と取引がある企業の駐在員の方が、良く持っているカードです。

還元率は約 4% と最高レベル、、、ですが、注意が必要です。

タイ航空でバンコク~日本往復の特典航空券をもらうためには 45,000マイルが必要、つまり112万5千バーツの買物が必要になります。シティバンクのクレジットカードでしたら62万5千バーツですので、約2倍の買物が必要になり、かなり効率が落ちます。このカードを使うなら、マイルを貯めるのではなく、商品券に交換するのがお得です。

公式ページ(日本語)はこちら

バンコク銀行 VISAプラチナ・クレジットカード

条件 月収5万バーツ以上
年会費 3,000バーツ 家族カードは3,000バーツ
(年間5千バーツの利用で翌年度の年会費無料)
旅行傷害保険 利用付帯 最高20万ドル
ポイント 25バーツ=1ポイント
マイレージ交換 2,000ポイント=タイ航空1,000マイル(還元率 約2.0%
2,500ポイント=Bangkok Airways 10 Flyer Bonus
1,000ポイント=エアアジア 1,000 BIG Points
1,000ポイント=Tesco Lotus/Big C 100バーツ商品券(還元率 0.4%
特典
  • ロード・アシスタント・サービス (24時間無料)
  • 医療アシスタント・サービス (24時間無料)
  • コンシェルジュ・サービス (24時間無料)

プラチナ・リーダーカード と比較すると、もらえるポイントが半分です。可能であれば、上のプラチナ・リーダーカードを狙いたいですね。

公式ページ(日本語)はこちら

バンコク銀行 VISAタイタニアム・クレジットカード

条件 月収1万5千バーツ以上
年会費 1,500バーツ 家族カードは1,500バーツ
(年間5千バーツの利用で翌年度の年会費無料)
旅行傷害保険 利用付帯 最高20万ドル
ポイント なし
キャッシュバック 25,000バーツ未満の利用金額に対して 0.50%
25,000バーツ以上100,000バーツ未満の利用金額に対して  0.75%
100,000バーツ以上200,000バーツ未満の利用金額に対して 1%
200,000バーツ以上の利用金額に対して 2%
特典
  • ロード・アシスタント・サービス (24時間無料)
  • 医療アシスタント・サービス (24時間無料)
  • コンシェルジュ・サービス (24時間無料)

ポイントがない代わりに、キャッシュバックがもらえるカードです。ただし 25,000バーツまでの利用に対してのキャッシュバック率は 0.5%。他のクレジットカードと比較するとあまり良くありません。

公式ページ(日本語)はこちら

バンコク銀行 AirAsia プラチナカード (Master)

条件 月収1万5千バーツ以上
年会費 入会費 1,000バーツ、年会費3,000バーツ
(年間30万バーツの利用で年会費無料)
家族カード年会費 入会費無料、年会費3,000バーツ
(年間30万バーツの利用で年会費無料)
旅行傷害保険 利用付帯(死亡20万ドル)
特典
  • 入会で 6,500 BIG Point (2017年末まで)
  • タイ・エアアジアとタイ・エアアジアXで使える、ホットシート・クーポンを年4枚もらえる
  • タイ・エアアジアとタイ・エアアジアXで使える、預け荷物クーポンを年4枚もらえる
  • 20バーツ利用毎に 1 BIG ポイント
  • エアアジアの利用でポイント3倍 (2017年末まで)
  • エアアジア/エアアジアXで5,000バーツ以上利用時に、0%-0.89% 3-10ヶ月の分割払いを選択可
  • www.airasiabig.com で優先予約
  • 優先チェックイン:ドンムアン、プーケット、チェンマイ、クラビ、ウタパオの各空港にて
  • 優先搭乗:タイ国内の搭乗口にて
  • 預け荷物の優先受け取り
  • 機上で無料ドリンクサービス (2017年末まで)
  • 24時間アシスタントサービス

エアアジアをよく利用する人向けのカード。

私もよくエアアジアを利用するので、このカードを申し込もうと思って調べたのですが、2年目以降の年会費3,000バーツは元が取れないと判断し、入会を見送りました。年会費免除の条件は年間30万バーツの決済となっており、これもハードルが高いですね。

公式ページ(英語)はこちら

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル (大)広告