タイ・シティバンクのクレジットカード全9枚を【完全解説】

タイの シティバンク が発行しているクレジットカード全9枚について、審査条件・年会費・特典・還元率など、入手できる限りの全データをまとめました。

シティバンクは、タイで最もステータスが高い銀行のひとつです。シティバンクのクレジットカードは、入会条件が厳しく、ステータスが高いため、タイ人が憧れるカードになっています。

現在、シティバンクは9種類のクレジットカードを発行しています。それぞれのカードには、
・マイルに強い
・キャッシュバックがある
・ポイントのボーナスがある
といった長所がありますので、自分に目的・希望に合ったカードを見つけると良いでしょう。

Citi Prestige Credit Card

条件 月収8万バーツ以上
年会費(本会員) 7,900バーツ+VAT
年会費(家族会員) 1,900バーツ+VAT
旅行傷害保険 利用付帯(死亡3,500万バーツ、救援費用80万バーツ、フライト遅延・荷物遅延2万バーツ、荷物紛失5万バーツ)
ポイント 25バーツ=2ポイント
マイレージ交換 2ポイント=1マイル(ブリティッシュ・エアウェイズ、エアアジア、アジアマイル、EVA、カンタス航空、カタール航空、タイ航空、シンガポール航空) 還元率 約1.2%
空港ラウンジ タイ航空の国際線搭乗時、搭乗券提示でラウンジ利用可(年2回まで)
特典
  • プライオリティパス付帯
  • 年3回までゴルフのグリーンフィー無料
  • アジア太平洋地域旅行時、空港へのリムジンサービスとファストトラックサービスの利用可(年2回まで)

このカードを申し込むと、全世界のラウンジを利用できるプライオリティ・パスがもらえます。年会費は7,900バーツと少し割高ですが、プライオリティ・パスをもらえますし、3回ゴルフをすれば、十分元が取れますね。

マイルの還元率は約1.2%とタイのクレジットカードでは最高レベル。62万5千バーツ(約208万円)の買物で、50,000ポイントがもらえ、これをブリティッシュ・エアウェイズの25,000マイルに交換すれば、日本~バンコク往復の特典航空券がもらえます

2017年末まではキャンペーンを実施中。オンラインで入会し、eステートメントを申し込み、年会費を支払い、入会後30日以内に 20,000バーツ以上をカードで決済すれば、52,000ポイントがもらえます。ブリティッシュ・エアウェイズの日本~バンコク往復の特典航空券相当ですので、超お得です。

このカードか、次の Citi M Visa Select(VISA)をメインで使うと良いでしょう。

申し込みは、こちらの公式ページから。ページの左上に「English」ボタンがあります。メールアドレス等を入力すれば、向こうから連絡が来ます。

Citi M Visa Select

条件 月収10万バーツ以上
年会費 初年度無料、2年目以降4,000バーツ+VAT
(2年目以降は年間30万バーツの利用で本人と家族の年会費無料)
家族カード年会費 2,000バーツ+VAT
旅行傷害保険 利用付帯(死亡2,500万バーツ、フライト遅延・荷物遅延2万バーツ、荷物紛失5万バーツ)
ポイント 25バーツ=2ポイント
商品券交換 800ポイント=100バーツ商品券(ザ・モール、エンポリアム、サイアム・パラゴンで利用可) 還元率1.0%
マイレージ交換 2ポイント=1マイル(ブリティッシュ・エアウェイズ、エアアジア、アジアマイル、EVA、カンタス航空、カタール航空、タイ航空、シンガポール航空) 還元率 約1.2%
空港ラウンジ タイ航空の国際線搭乗時、搭乗券提示でラウンジ利用可(年2回まで)
特典
  • ザ・モール、エンポリアム、サイアム・パラゴンで10%割引
  • シェルで給油時に3%割引

プライオリティ・パスが要らなければ、このカードで年会費無料を狙いたいですね。

以前は月収15万バーツが条件でしたが、現在は月収10万バーツ以上に変更されています。入会のハードルが下がりました。

このカードも、マイルの還元率は1.2%とタイのクレジットカードでは最高レベル。62万5千バーツ(約208万円)の買物で 50,000ポイントがもらえ、これをブリティッシュ・エアウェイズの25,000マイルに交換すれば、日本~バンコク往復の特典航空券がもらえます

2017年末まではキャンペーンを実施中。オンラインで入会し、eステートメントを申し込み、入会後30日以内に 5,000バーツ以上をカードで決済すれば、2,500ポイントがもらえます。また、2,500ポイントをもらった後に、エンポリアム B1階にあるカスタマーサービスに行けば、500ポイントと交換で 20″ 旅行トランク(5,490バーツ相当)がもらえます。

申し込みは、こちらの公式ページから。ページ左上に「English」ボタンがあります。メールアドレス等を入力すれば、向こうから連絡が来ます。

Citi Rewards credit card

条件 月収8万バーツ以上
年会費 初年度無料、2年目以降3,800バーツ+VAT
(2年目以降は年間10万バーツの利用で年会費無料)
家族カード年会費 無料
旅行傷害保険 利用付帯(死亡700万バーツ、フライト遅延・荷物遅延7千バーツ、荷物紛失24,500バーツ)
ポイント 25バーツ=1ポイント 還元率 0.5%
特典
  • 食事、旅行、外国通貨の利用でポイント5倍(上限2万バーツ、それ以上は2倍) 還元率 2.5%
  • 誕生月の食事、旅行、外国通貨の利用でポイント7倍(上限2万バーツ) 還元率 3.5%
  • 四半期毎に15万バーツの利用で 5,000ポイントのボーナス 還元率 +0.4%
  • シェルで給油時に2%割引

ポイント付与に特化したカード。

ポイント5~7倍を上手に利用すればとてもお得です。予備で作っておいて、食事にだけ使うのもアリですね。

公式申し込みページはこちら。ページの左上の「English」ボタンを押して、メールアドレス等を入力すれば、向こうから連絡が来ます。

Citi Cash Back Platinum credit card

条件 月収8万バーツ以上
年会費 初年度無料、2年目以降2,000バーツ+VAT
(2年目以降は年間6万バーツの利用で本人と家族の年会費無料)
家族カード年会費 初年度無料、2年目以降1,000バーツ+VAT
旅行傷害保険 利用付帯(死亡700万バーツ、フライト遅延・荷物遅延7千バーツ、荷物紛失24,500バーツ)
キャッシュバック BTS、地下鉄、Grab、Boots、Watsonsの利用は5%キャッシュバック(上限500バーツ)
その他の買物は1%キャッシュバック
特典
  • シェルで給油時に1%割引

キャッシュバックに特化したカード。

1~5%のキャッシュバックは少ないようにも感じますが、ポイントをもらって、商品券に交換して利用するまでの手間と時間を考えたら、決して悪くないカードです。ポイントの付与はありません。

公式申し込みページはこちら。ページの左上の「English」ボタンを押して、メールアドレス等を入力すれば、向こうから連絡が来ます。

Citi Royal Orchid Preferred credit card

条件 月収8万バーツ以上
年会費 初年度5,000バーツ+VAT、2年目以降10,000バーツ+VAT
家族カード年会費 年間2,000バーツ+VAT
旅行傷害保険 利用付帯(死亡3,500万バーツ、救援費用80万バーツ、フライト遅延・荷物遅延2万バーツ、荷物紛失5万バーツ)
ポイント・マイレージ交換 15バーツ=1ポイント=1マイル(タイ航空) 還元率 約2.0%
特典
  • 年間100万バーツの利用で、タイ航空のゴールドメンバー資格が得られる
  • 年間100万バーツの利用で、25,000ポイントのボーナス 還元率約+0.75%
  • 自宅から空港へのリムジン 初回2回は無料 その後2回は半額
  • タイ航空の国際線搭乗時、搭乗券提示でラウンジ利用可(無制限)

タイ航空のマイル獲得に特化したカード。

タイ航空をよく利用する方には良いと思います。

公式サイトはこちら

Citi Royal Orchid Plus Select credit card

条件 月収8万バーツ以上
年会費 初年度無料、2年目以降4,000バーツ+VAT
(2年目以降は年間30万バーツの利用で本人と家族の年会費無料)
家族カード年会費 初年度無料、2年目以降2,000バーツ+VAT
旅行傷害保険 利用付帯(死亡2,500万バーツ、フライト遅延・荷物遅延2万バーツ、荷物紛失5万バーツ)
マイレージ交換 20バーツ=1ポイント=1マイル(タイ航空) 還元率 約1.5%
特典
  • 自宅から空港へのリムジン 1回は無料(2018年1月末まで)
  • タイ航空の国際線搭乗時、搭乗券提示でラウンジ利用可(年2回まで)

タイ航空のマイル獲得用カードですが、前のカードには劣ります。

また、このカードは年会費有料ですが、カシコン銀行のプラチナカード(詳細はこちらの記事を参照)は、年会費無料でタイ航空のラウンジを年2回利用できますので、あえてこのカードを作る理由はなさそうです。

公式サイトはこちら

Citi Simplicity Card

条件 月収8万バーツ以上
年会費 無料
家族カード年会費 無料
旅行傷害保険 利用付帯(死亡700万バーツ、フライト遅延・荷物遅延7千バーツ、荷物紛失24,500バーツ)
特典
  • カウンターサービスでの支払いで、15バーツの手数料を後でキャッシュバック
  • 誕生日プレゼントあり
  • 月1,000バーツの利用で特典(2017年7~12月はロータスの50バーツ商品券)
  • 映画館 SF Cinema で1枚買うと1枚無料

手数料が完全無料というカード。

特典は少なめ。このカードは、タイ人の場合は入会条件が緩く、タイ人の会社員が初めて持つカードという位置付け。外国人にとってはあまりメリットのないカードです。ポイントの付与はありません。

Citi M Visa Rewards Card

条件 月収8万バーツ以上
年会費 初年度無料、2年目以降2,000バーツ+VAT
(2年目以降は年間10万バーツの利用で本人と家族の年会費無料)
家族カード年会費 初年度無料、2年目以降1,000バーツ+VAT
旅行傷害保険 利用付帯(死亡700万バーツ、フライト遅延・荷物遅延7千バーツ、荷物紛失24,500バーツ)
ポイント 25バーツ=1ポイント 還元率 0.5%
特典
  • ザ・モール、エンポリアム、サイアム・パラゴンで買物すると5%割引&ポイント2倍
  • シェルで給油時に2%割引

Citi M Visa Select の簡易版カード

タイ人の場合はこのカードの方が入会条件が緩いのですが、日本人の場合はどちらも同じ条件ですので、より特典の良い Citi M Visa Select を申込んだほうが良いでしょう。

Citi Makro Platinum Rewards credit card

条件 月収8万バーツ以上
年会費 初年度無料、2年目以降1,900バーツ+VAT
(2年目以降は年間20万バーツの利用で本人と家族の年会費無料)
家族カード年会費 初年度無料、2年目以降950バーツ+VAT
旅行傷害保険 利用付帯(死亡700万バーツ、フライト遅延・荷物遅延7千バーツ、荷物紛失24,500バーツ)
ポイント Makro:100バーツ=1ポイント 還元率 0.13%
それ以外:25バーツ=1ポイント 還元率 0.5%
特典
  • タイの業務スーパー Makro で利用可能な唯一のクレジットカード
  • シェルで給油時に1%割引

タイの業務スーパー Makro で利用可能な唯一のクレジットカード。

Makro で商品を仕入れている方(いるんでしょうか? 笑)は、このクレジットカードで決済すれば、キャッシュフローを改善できます!

公式サイトはこちら