ノーン・ヤープローン温泉(ペチャブリー県)~バンコクから2時間半で行ける個室温泉

バンコクから約150km、車で2時間半~2時間で行けるノーン・ヤープローン温泉に行ってましたので、紹介したいと思います。

北タイにある温泉のように、硫黄の臭いがしたり、ゆで卵を作ったりという温泉ではありません。個室に入って、湯船につかるだけですし、お湯も無味無臭です。

正直、わざわざ行くほどの温泉ではありませんが、バンコクとタイ南部を結ぶ4号線から、30分ほど寄り道すれば行けますので、この付近を通りがかったときに寄ってみてはいかがでしょうか。

場所と行き方

地図:

温泉はペチャブリー県の山の近くにあります。

バンコクからの経路:

バンコクからは約150km、2時間半の道のりですが、土日は混むので3時間くらいかかりそうです。

国道4号線からの経路:

国道4号線から3349号線に入れば、約35分で温泉に着きます。南部への行き帰りに、ちょっと寄ってみるのも良いかもしれません。

途中の交差点には必ずと言っていいほど看板がありますので、迷うことはないと思います。

僕の場合は、2019年11月に同じくペチャブリー県にあるケーンクラチャン国立公園でキャンプをした後に、この温泉に寄ってみました。

利用方法と料金

↑温泉の駐車場前にある食堂です。この他にも売店が何軒かあって、食べ物・飲み物を売っていました。

この建物の右手に進むと足湯があります。今回は個室温泉に行きますので、この建物の右脇を入っていきます。

↑受付です。小さな子供30バーツ、大きな子供・大人50バーツ、バスタオル10バーツ。営業時間は8時から17時まで。「健康のために20分以上の入浴は避けましょう」と書いてありますが、日本人には釈迦に説法ですね。受付の人にお金を払いましょう。

↑受付の右手にある個室温泉。部屋が何個も並んでいます。受付のおばちゃんに聞いたら、適当に好きな部屋に入っていいそうです。

↑個室。バスタブが埋めてあるタイ仕様です(笑)石けん・シャンプーなどはありませんので、使う方は持参してください。

大部屋もあるという情報もありましたが、今回は見逃してしまいました。また次回に探したいと思います。

コックをひねると、大量のお湯がでます。湯温は38度程度でしょうか、かなりぬるめで、ほぼ無味無臭です。次回は pH 試験紙を持っていって測ってみるつもりです。

この温泉を紹介している記事へのリンク

海外に長くいると、どうしても懐かしくなるものがいくつかありますよね。。。自分の場合は、少ないほうだとは思うんですが、日本のバラエティあふれる鮮魚!そして、温泉!です。 日本にいたころは通算で200箇所くらい、日本全国の温泉に入った覚えがありますがどうしても忘れられません。一時帰国の際は必ず温泉に入りに行きます。 ...
タイ各地にある温泉に訪れた記録です。温泉は気持ちが良いです。