バンコク日帰り旅行 ~ ナコンパトムにある美しい睡蓮の池

Red Lotus Floating Market

Red Lotus Floating Market

睡蓮といえばウドンタニーの「タレー・ブア・デーン」だが…?

睡蓮といえば、タイの東北部ウドンタニー県にある「タレー・ブア・デーン」が有名です。

ただし、そこへ行くためには、ウドンタニーまで飛行機で飛び、さらに車に1時間ほど乗らなければなりません。また、蓮の花が咲くのは12~2月の早朝だけです。遠くて、季節と時間が限定されているため、バンコクに住んでいるとなかなか行けないんですよね。

しかし、バンコクの隣のナコンパトム県に、一年を通していつでも睡蓮が見られる、新しい場所ができました。その名も「Red Lotus Floating Market」です。

Red Lotus Floating Market の概要

場所:

まだできたばかりの市場です。バンコクから車で1時間半と近く、一年中いつ行っても、どの時間帯でも、睡蓮を見ることができます。

  • 行き方:バンコクから車で1時間半程度。タクシーなら往復2,000バーツくらい
  • 市場で過ごす時間:1~2時間程度
  • 料金:入場料は無料。ボートはひとり100バーツ。食事はひとり100バーツから

ウドンタニー県にある「タレー・ブアデーン」と比べると小規模ですが、バンコクから半日あれば行けるのがポイントです。

Red Lotus Floating Market の写真

Red Lotus Floating Market の全景

Red Lotus Floating Market の全景

この市場の全景です。真ん中に池があり、手前がボート乗り場、左手にお店が並んでいて、池の側で食事ができるようになっています。

ボート乗り場

ボート乗り場

ボート乗り場。ボートはひとり100バーツで、タイ人も外国人も同価格。貸し帽子は1個5バーツ、ドローン写真は1枚40バーツです。暑いので帽子は借りるとよいでしょう。

ドローン写真を撮影する家族

ドローン写真を撮影する家族

ドローン写真を頼むと、ドローンが舟を追跡して、写真を撮ってくれます。ハイテクですね。

ドローン操縦士

ドローン操縦士

こちらはドローンの操縦士兼カメラマン。

市場脇のお店

市場脇のお店

市場の左手を歩いているところ。左手に食事や飲み物を売っている店があり、右手のテーブルに座れます。

池の上にある座敷でご飯を食べる人たち

池の上にある座敷でご飯を食べる人たち

池の上にお座敷もあります。ここで座ってのんびり食事するのも良さそうですね。

自転車に乗って記念撮影する人

自転車に乗って記念撮影する人

市場内にはこんな記念写真を撮るところもあります。

蔦が垂れ下がる歩道

蔦が垂れ下がる歩道

新しい市場だけあって、このようにインスタ映えする場所があちこちに用意されています。

蓮の花

睡蓮の花

睡蓮と蓮の違い

実はこの記事、最初は「蓮」と書いていたんですが、読者の方から「睡蓮ですよ~」とご指摘いただき、修正しました。ありがとうございました。

この池のように、水面に葉が浮かび、花びらがギザギザしているのは「睡蓮」です。

また、睡蓮にもいろいろな種類があって、

  • ウドンタニーにある睡蓮:赤い花で、早朝に咲く品種
  • ここの睡蓮:紫色の花で、一日中咲く品種

だそうです。さんてぃさんに教えていただきました。こちらもありがとうございます。

おわりに

このマーケットは、バスで行けないのが不便ですが、タクシー・レンタカーなどの移動手段さえ確保すれば、バンコクからいつでも気軽に行ける場所です。

暇な週末は、池の側で、のんびりと過ごしてみてはいかがでしょうか。

コメント

  1. takeshi より:

    ランキングから来ました。
    楽しそうな市場ですね。
    中の池で船に乗り、ドローンで撮影までできるなんて
    買い物よりそちらの方が楽しいでしょうね。
    とてもハイテクな市場ですね。
    次回の記事楽しみにしています。