タイ在住者のための海外旅行保険


タイでは先日、「生存率0.2%から生還したタイ人女性ー日本の医師に感謝」という話が話題になりました。

このタイ人女性は、日本を旅行したときに心臓発作で倒れ、合計1,600万円以上の医療費を請求されました。東京のタイ大使館が約半分にあたる850万円を支援。寄付が約165万円集まり、残りは本人がタイに帰ってから返済することになりました。この方は、どうやら旅行保険に加入していなかったようですね。

こういう話を聞くと、海外旅行に行くときは、治療費・救援費を請求できる旅行保険に加入すべきだということがよくわかります。

日本に在住している人なら、日本で発行されたクレジットカードに付属する保険サービスを使うこともできるでしょう。

しかし、タイに長期滞在している人ですと、保険の適用条件を満たせず、クレジットカードの保険は使えないことが多いと思います。
そんな人のために、タイの保険会社が販売している旅行保険があります。

この保険は、タイから他国への旅行が対象です。加入者の国籍による制限はなく、日本人でもタイ人でも加入できます。下のページから、ネットで簡単に購入できます。

Allianz Global Assistance – Travel Insurance Online

上のページから、保険の種類、行き先、日程、人数などを入力して、「GET A QUOTE」ボタンを押すと、旅行保険の見積書が出てきます。この保険は、必要な日数分だけ買うことができますので、無駄がありません。

仮にタイから日本に行くと仮定して、

  • Travel Insurance
  • Travel Insurance for tourist
  • Thailand / Japan

を選択し、旅行期間は7日間、人数は1名と入力し、「GET A QUOTE」ボタンを押すと、下の見積書が出てきます。

プランが2つあり、
  • 左の520バーツのプランは、死亡保障が300万バーツ、治療費が200万バーツ
  • 右の1,150バーツのプランは、死亡保障が400万バーツ、治療費が250万バーツ、他にも携行品補償や遅延補償などもある

ブログ主は、2017年4月に9日間、ネパールを旅行しました。そのときは、この保険の左側のプランに加入して、保険料は650バーツでした。加入の目的が医療費だけでしたら、左側の安いプランで問題ないと思います。

最後に、ブログ主は、この保険会社とは利害関係がないことを明記しておきます。この保険が、ネットで簡単に加入できて便利であり、保険料も手頃なので、オススメしているだけです。みなさんが加入されてもブログ主には1バーツも入りません\(^o^)/

コメント

  1. tktk より:

    タイに長期滞在している者です。日本に一時帰国中に利用できる保険ついて情報を探していました。住民票を抜いていて国民健康保険がないため、日本滞在中の保険が悩みどころです。
    これまでは損保ジャパンの長期海外旅行保険で一時帰国中も適用されるものがあり、値段も年間数十万円くらいと手頃だったため利用していたのですが、少し前から3倍以上に値段が跳ね上がり利用しづらくなってしまいました。
    Allianz Global Assistanceは日本人が日本での一時帰国の場合でも利用できるのでしょうか?だとしたら便利ですね。良い情報をありがとうございます。
    あと例えば、タイで発行されているクレジットカードの付帯された海外旅行保険などは、日本での医療保険として使えたりするのでしょうか・・?
    大事なのは治療費の保証だと思っていますが、そのあたりの保証がちゃんとカバーされている良いクレジットカードはご存知だったりしますか?
    銀行のwebサイトなどを見ても、死亡保障や損害保障はあっても治療費についてはよく分からなかったりしたもので・・。

    • nisizawa より:

      tktkさん

      お読みいいただきありがとうございます。タイで販売されている旅行保険は、私が知っている限りでは国籍の制限はありません。日本人が日本に旅行に行った場合でも適用されます。

      『タイで発行されているクレジットカードに付帯する海外旅行保険は、日本での医療保険として使えますか』というご質問については、大抵は旅行代金をカードで支払う必要がある「付帯保険」ですので、その条件を満たせば保証されるはずです。治療費の額についてはおっしゃる通りですね。ちょっと調べてみます。

      ただ、僕の場合はそれだけでは心配なので、旅行の際はいつも掛け捨ての海外旅行保険に加入しています。