タイAISのREADY2FLY解説 SIM交換が不要な海外ローミングパッケージ

タイの通信大手AISは、既存のプリペイド/ポストペイドSIMをそのまま利用できる海外ローミングサービス「READY2FLY 」の提供を始めました。

これまで、AIS が提供する海外ローミングサービスは「SIM2FLY」だけでした。この SIM2FLY ですと、タイ国内にいる人が SIM2FLY を使う場合、タイ国内では既存のSIM、タイ国外では SIM2FLY と、SIMを交換する必要がありました。しかし READY2FLY を利用するならば、SIM の交換が不要になります。

この記事では、READY2FLY の詳細を、SIM2FLY と比較しながら解説します。

READY2FLY のパッケージ一覧

READY2FLY のパッケージ一覧です。

SIM2FLY と同じく、利用できる国によって、3種類のパッケージに分かれています。
上の値段は税抜価格ですので注意してください。実際にはこの価格+7% です。

READY2FLY の使い方

  1. プリペイドの場合は先にチャージしておく。ポストペイドの場合は後から請求されます
  2. *125*1#📞を押して、国際ローミングサービスを開始する(すでに開始してあれば不要)
  3. パッケージごとのコマンド(例えばアジア・オーストラリア版なら *111*408#📞)を押して、パッケージを申し込む
  4. スマホの設定から、「ローミング」をONにするとサービスの利用が始まる

SIM2FLY と READY2FLY の比較

SIM2FLY と READY2FLY には、それぞれ3種類のパッケージがあります。それぞれのパッケージごとに、サービスを利用できる国は同じですが、料金、通信容量は少し異なります。

その詳細を、以下に簡単にまとめてみました。

アジア・オーストラリア版

利用可能国(24ヶ国)日本、オーストラリア、バングラデシュ、ブルネイ、カンボジア、中国(チベットを含む)、香港、インド、インドネシア、イスラエル、カザフスタン、ラオス、マカオ、マレーシア、ミャンマー、ネパール、パキスタン、フィリピン、カタール、シンガポール、韓国、スリランカ、台湾、ベトナム

SIM2FLY:
初回購入時:399バーツ、容量6GB、10日間
*111*356#📞:119バーツ、容量1GB、2日間
*111*354#📞:299バーツ、容量4GB、8日間
*111*370#📞:349バーツ、容量6GB、10日間

READY2FLY:
*111*408#📞:426.93バーツ、容量6+1GB、10日間

料金はすべてVAT(7%)込みで表記しました。以下も同様です。

グローバル版

利用可能国(103ヶ国)日本中国(チベットを含む)、ベトナム、米国、英国、インドなど(詳細は公式サイトを参照)

SIM2FLY:
初回購入時:899バーツ、容量6GB、15日間
*111*359#📞:299バーツ、容量1GB、3日間
*111*358#📞:799バーツ、容量4GB、15日間
*111*371#📞:849バーツ、容量6GB、15日間
*111*600#📞:2,699バーツ、容量15GB、1年間

READY2FLY:
*111*409#📞:961.93バーツ、容量6+1GB、15日間

ボーダー・カントリー版

利用可能国(4ヶ国):カンボジア、ラオス、マレーシア、ミャンマー

SIM2FLY / READY2FY で同じ:
*111*407#📞:99バーツ、容量2GB、7日間

READY2FLY のメリット・デメリット

SIM2FLY と比較したときのメリット、デメリットです。

メリット

  1. SIM の交換が不要
  2. いつも使っている番号をそのまま使える(SMSも利用可)

デメリット

  1. パッケージの種類が少ない。SIM2FLY は、通信量や日数に応じて3~4種類あるのに対し、READY2FLY は1種類だけ
  2. 少し割高。SIM2FLY は2回目以降が安い

READY2FLY を使うべきユーザーは?

以上を考慮すると、SIM2FLY ではなく READY2FLY を使うユーザーは、次のような方になると思います。

  • SIM を交換したくない
  • いつもの電話番号を外国でも使いたい(銀行のSMSを受信したい)
  • 少々高くても構わない
  • めったに海外ローミングを使わない(例えば年1回とか)

会社の電話で AIS を使っていて、近隣国に出張する人には READY2FLY が良さそうです。

逆に SIM2FLY を使うユーザーは、次のような方でしょうか。

  • SIM の交換は面倒じゃない
  • 電話番号は変わってもいい(どうせLINE・Twitterしか使わない)
  • 出費は安いほうが良い
  • よく海外ローミングを利用する

以上を参考に、自分にあったサービスを選択してください。

SIM2FLY については下の記事をご参照ください。

タイ AIS が販売している海外旅行用 SIM「SIM2FLY」の利用方法まとめ。パッケージ一覧、チャージ、再利用、タイでの利用、残高確認、期限確認、esimなど完全解説。50バーツで期限を1年延長して再利用しましょう。使い捨てはもったいない!

リンク