タイのスマホ決済アプリ AirPay の使い方

タイのスマホ決済アプリは、LINE Pay、TrueMoney Wallet、BLUEPay、AirPay などが激しく争っている状況です。

それぞれの特徴を簡単にまとめますと、

  • LINE Pay:BTSのラビットカードと連携。タイではLINEのシェアが高く有利
  • TrueMoney Wallet:セブンイレブンでの決済が便利に
  • BLUEPay:一時期はBLUEPayの自販機をよく見かけたが、最近は失速気味?
  • AirPay:タイの大手通販サイトShopeeと連携

といったところでしょうか。

タイのスマホ決済は、かつてはタイ人しか使えなかったのですが、2019年後半頃からは外国人も登録できるようになったため、すでに使いこなしている読者さんも多いと思います。

例えば TrueMoney Wallet は、2019年9月頃から外国人も使えるようになりました。

TrueMoney Wallet というスマホ決済アプリを、外国人も利用できるようになりました。お財布を忘れてもセブンイレブンで買物ができますし、お得なプロモーションも実施されています。登録は無料ですので、タイ在住の方はとりあえず登録しておきましょう。

また、AirPay も外国人が登録できるようになったという情報をいただきましたので(@yriinkさん感謝)、この記事では、タイのスマホ決済アプリAirPayについて解説したいと思います。

AirPayの概要

AirPay の運営母体は、Sea というシンガポールの巨大インターネット企業です。タイでは通販サイト Shopee も運営しています。Sea は2017年にニューヨーク証券取引所へ株式を上場し、東南アジアでは初となる、市場価値10億ドルを達成しました。

ですので AirPay アプリは、Shopee のアプリとの連携がよくできています。AirPay に登録すると、Shopee の送料無料クーポンがもらえますし、Shopee では AirPay で簡単に決済できます。Shopee を使っている方は、ぜひ AirPay に登録してみてください。

ちなみに、日本にも「Airペイ」というiPhone+カードリーダーの決済サービスがあるのですが、この記事で解説しているタイの AirPay とは無関係です。

AirPay の主な機能

AirPay の主な機能です。

  • 店舗でのQRコード決済(マクドナルド、ピザカンパニー)
  • オンライン決済(Shopee、映画館、タイチケットメジャー)
  • 請求料の支払い(クレカ、電気、水道、電話、保険、ローン)
  • 電話、オンラインゲームのプリペイド払い
  • 電話番号を利用した個人間送金
  • 仮想プリペイドカードの発行
  • 割引プロモーションの獲得(Shopeeの送料無料、公共料金割引、キャッシュバック)

でもこのほとんどは、TrueMoney Wallet でもできるんですよね。

では、わざわざAirPayを使うメリットはどこにあるのでしょうか?
少し考えてみたところ、次に該当する人は、AirPayを使うメリットがあると思います

AirPay を使うメリットがある人

  • Shopeeでよく買物する人:初回決済で100バーツのキャッシュバック。送料無料のクーポンがもらえる。AirPay決済も便利
  • タイの映画館へよく行く人:AirPayアプリから買う方が、Major/SFの公式アプリよりも便利。ただし割引は使用不可
  • とりあえず入会プロモーションだけ使い倒したい人(笑):Shopee/マクドナルドで100B還元、公共料金で35B x 2 = 70B、映画館で130B、計300Bくらいは獲得できます

これに該当しない人は、わざわざAirPayを使わなくても、機能がほぼ同じTrueMoney Walletで十分かもしれません。(AirPay ゴメン)

AirPay のインストールと初期設定

AirPay アプリは下記のリンクからダウンロードできます。

iOS アプリは、日本の Apple ID ではインストールできませんので、タイの Apple ID に切り替える必要があります。タイのApple IDを持っていない方は、こちらの記事などを参考にして、先にタイのApple IDを作ってください。

インストール後、AirPay アプリの言語はタイ語になっているのですが、下段右端の「Me」から「การตั้งค่า」を選択すれば、タイ語/英語を切り替えられます(下の写真を参照)。

その後、「Me」から「Identify Verrification」(身分確認)を行う必要があります。画面に従って必要事項を入力していけば、特に問題はないと思いますが、ひとつだけ補足しておくと、途中で「MRZ No.」の入力が求められます。これはパスポートの顔写真のページの右下にある2桁の数字のことです。

MRZ No.

(MRZ No. とは、パスポートの顔写真のページの右下端にある2桁の数字)

その後、パスポートを持った写真と、パスポートの写真を撮影する必要があります。僕の場合は、写真を撮影した後、10分程度ですぐに承認されました。

写真撮影については、髪を切ると却下されるというツイートもありました。

AirPay の割引・プロモーション

登録が終わると、入会特典のクーポンがもらえます。画面上部の「Pocket」から「My Coupon」を選択すると、クーポンの一覧を見ることができます(下の写真)。

内容を上から順に解説すると、

  • 1~2枚目:公共料金の支払いが35バーツ引き。登録から1ヶ月有効
  • 3枚目:Telco (系列の電話会社?)の電話料金が35バーツ引き
  • 4枚目:映画館のチケットで100バーツ以上決済すると、最大130バーツのキャッシュバック。登録から1ヶ月有効
  • 5枚目:Telco の電話料金をチャージすると最大50バーツをキャッシュバック

使えそうなのは太字にした、1、2、4枚目のクーポンですね。
Telco という電話会社は検索しても見つからないので、もう潰れてしまったのかもしれません。

また、AirPay 登録後に、Shopee またはマクドナルドで AirPay 決済をすると、100バーツがキャッシュバックされます(下の写真)。

Shopee のウェブサイトを見ていると、AirPay 関係のクーポンをよく配布していますので、Shopee 好きな方は要チェックです。

また、飲食店でも割引をしていることがあります。

スマホ決済アプリそっくりさん問題

AirPay のアプリは、実は TrueMoney Wallet とかなり似ています。画面のデザインから、できることや、使い勝手まで、ほとんど同じです。

画面を並べてみたのが下の写真です。

(左はAirPay、右はTrueMoney Wallet の画面比較)

(左はAirPay、右はTrueMoney Wallet の画面比較)

AirPay は青、TrueMoney Wallet はオレンジ色になっているので見分けられますが、かなり似た画面になっています。

ただ、これはタイだけではなく、中国やベトナムのスマホ決済アプリでも、似たような画面になっているようです(下のツイート参照)。スマホ決済アプリのデザインを突き詰めると、全て同じものに行き着くのでしょうか。それとも、単にお互いパクり合っているのでしょうか…(笑)

AirPay の広告動画

AirPay の広告動画がありましたので貼っておきます。

映画「ワイルド・スピード」シリーズ風に、ヴィン・ディーゼルらしき人物が出演していますが、、、本物じゃないですよね?