ラオス・ルアンパバーンで迎えた2020年正月 その2 モン正月のお見合い

今回のルアンパバーン訪問では、運が良いことにモン正月を見ることができました。というのも、このモン正月が行われる時期は毎年変わります(旧暦なのかもしれません)。去年は12月中旬ごろに行われたので、僕が12月末にルアンパバーンに来たときはすでに終わっていました。

モン正月は、モン族のお祭りでもあり、モン族の男女の出会いの場でもあります。

まずは、モン族について簡単に解説しましょう。ラオスには公式には50の少数民族がいます。最も人口が多いのは低地で稲作をするラオ族の55%、高地で焼畑農業をするモン族の人口は8%です。

ラオスのモン族は、1970年代のラオス内戦のときに、アメリカCIAに武器を持たされ、山岳ゲリラとして右派側で戦いました。その後、左派が勝利し、1975年にラオス人民共和国が成立します。敗れたモン族は政府による弾圧を恐れ、タイを通じて米国や欧米諸国に亡命しました。

いまも米国には多くのモン系アメリカ人が住んでいます。クリント・イーストウッド主演の『グラン・トリノ』は、米国に住むモン系アメリカ人がテーマです。

この映画のあらすじは、イーストウッドがいじめられっ子のモン族の少年を漢(オトコ)に育て上げる、という胸熱の内容です。面白いので、ぜひ観てみてください。

さて、そういった海外に住むモン族も、結婚相手を探しに、わざわざラオスまでモン正月にくるそうです。着飾った女性の皆さんに、写真を撮らせてもらいました。

↑こちらは5人でお揃いの衣装でした。気合入ってますね。

↑ちょっと若いですが、モン族は14~15歳でも結婚しますし、それ以前から婚約することもあります。

↑君たちはまだ早すぎます。

↑お姉さんたちも参戦していました。

↑横一列に並んで、向かいの列の人と、テニスボールなどでキャッチボールをします。このキャッチボールをしたら結婚しないといけない、ということはなくて、単なる挨拶というか、きっかけのようなものです。気に入った人がいたら多めに投げるとか、そんな感じでしょうか。


↑キャッチボールの動画です。

↑この女性の衣装が一番綺麗でした。ちなみに、写真を撮るときは、「写真撮ってもいいですか?」と聞いてから撮影しています。

↑髪飾りが綺麗ですね。

写真をツイッターに投稿したところ、モン族がスマホを持っていることに驚いた、と言われました。

山岳民族と言っても、街の近くに住んでいる人たちは、バイクに乗り、スマホを持ち、facebook をやっています。モン族は勤勉な人が多く、大学を優秀な成績で卒業する人も多いと聞きます。現代人とあまり変わりません。

↓シェンクワン県のモン正月の様子。この時期は各地でモン正月が開催されています。

↓サイソンブーン県出身のミス・モン・ラオス2020。美しすぎます。