タイの LTF は2019年で終了、その後継として検討中の SEF とは?

タイでは LTF(長期投資信託)を購入すると個人所得税の節税ができますが、LTF は今年2019年を最後に廃止されることが決まっています。

LTF がなくなった後をどうするのかについては、タイの総選挙による政治の空白期間もあり、なかなか議論が進んでいなかったのですが、ここにきて進展がありました。

タイ資本市場協会連盟(FETCO)はタイ財務省に対し、LTF の後継として「SEF」という制度を提案しています。最終的には財務省の承認が必要ですが、各種報道を見る限り、この制度でほぼ決まりだと思います。

この記事では、SEF について、現在わかっている内容を解説しています。

SEF とは

SEF は Sustainable Equity Fund の略です。日本語にすると「持続可能株式ファンド」といったところでしょうか。

一般的には「ESGファンド」とも呼ばれており、これは、Environment(環境)、Society(社会)、Governance(ガバナンス)の視点から投資対象となる株式を選定するものです。

タイ証券市場にはすでに SETTHSI という ESG 株価指数がありますので、銀行・証券各社が、この株価指数を基礎にした投資信託を販売し、それを購入することになるでしょう。

リスクとリターンは、SET株価指数ベースのLTFと同じか、少し良いくらいになると思われます。

SEF による節税

節税の条件を LTF と比較してみます。あくまで現時点の情報で、まだ決定ではありませんのでご注意を。

名称 SEF LTF
最大控除額 収入の30%
最大25万バーツ
収入の15%
最大50万バーツ
投資対象 ESG 株式、インフラ株式に65%以上 タイ株に65%以上
保有期間 7年 7年

金持ち優遇という批判を受けて、限度額が50万バーツから25万バーツに引き下げられますが、それ以外は現在の LTF とあまり変わりません。

LTF の取り扱いは今まで通り

LTF は2019年で廃止されますが、節税に使えるのはいままで通りです。

2019年に購入する LTF は、いままでと同じように所得控除の対象になります。

購入済みのLTFは、2016年までに購入したものは5年後の2020年に売却可能、2017~2019年に購入したものは、7年後の2023~2025年に売却可能で、売却益は非課税です。

タイ語ソース