タイで献血をする方法【完全解説】

タイの献血ドナーカード

タイの献血について

僕は2013年11月からタイで献血をし続けていまして、2019年11月現在の献血回数は24回になりました。

タイで献血しているというと、安全なの?と尋ねる方もいますが、献血に使われる器具はすべて使い捨てになっており、感染等の心配はまったくありません。

とはいえ、正直言って、献血をしたところであまりメリットはありません。仏教国のタイでは、献血は非常に徳の高い行為とされているようで、たまに褒められることもあります(僕はそういう意識はないのですが)。

また、回数を重ねるとバッジがもらえたり、公立病院の入院費が割引になるようですが、これも名誉賞のようなもので、実益はほとんどないでしょう。

(献血した人がもらえるバッチ、トロフィーなど)

(献血した人がもらえるバッチ、トロフィーなど)

献血を続けている理由をあえて探すなら、人の役に立つので、ボランティアとして続けている、というところでしょうか。これをお読みになったみなさんも、興味が湧きましたら、ぜひタイで献血してみてください。タイに住む人の役に立つと思います。

献血できる人

献血できる人の主な条件を、タイ赤十字は次のように定めています。

  • 体重 45kg以上
  • 年齢 17~70歳(17歳は親の同意書が必要、初めての献血は55歳未満であること)

また、前回の献血から3ヶ月以上経っている必要があります。

条件を満たしていれば、外国人でも献血できます。その他の細かい条件については、後述の問診票に書いてありますので、ご覧になってください。

献血の種類

タイで献血する場合、最初にできるのは全血献血だけです。量は体重に応じて 350~450ml で変えているようです。

タイ赤十字の国立血液センターには、成分献血(血漿、血小板、赤血球)の設備もあります。こちらはタイで3回以上献血した後に、成分献血ができるか確認をして、問題ないと判断されたら献血できます。

献血できる場所

タイ赤十字 国立血液センター

(タイ赤十字 国立血液センター)

(タイ赤十字 国立血液センター)

バンコク都内に行ける方でしたら、ここがおすすめです。外国人向けの英語の問診票もあります。1日平均500~600人、多い日には900~1,000人が献血に来るそうです。

本人確認のため、パスポートまたはタイの運転免許証が必要です。2回目以降は、受付でもらえる献血ドナーカードを持参しましょう。

受付時間
  • 月・水・金:8時~16時半(血小板は15時、血漿は15時半に受付終了)
  • 火・木:7時半~19時半(血小板は17時、血漿は18時に受付終了)
  • 土・日・祝:8時半~15時半(血小板は11時半、血漿は12時に受付終了)
地図

MRT サームヤーン駅すぐ、タイ赤十字の敷地内にある、青いガラス張りの建物です。

その他の献血所

  • チャトゥチャック公園:BTSの1番出口を出たところで、毎土曜の10時~15時、移動献血車が来ています。
  • タマサート病院:平日9時~15時
  • Big-C ナワナコン2階:水・金・土・日の午後のみ
  • フューチャーパーク・ランシットのZPELL:第2・4日曜日の11時~20時
  • シーコンスクエア・シーナカリン3階:第3土・日曜日の13時~17時
  • ザ・モール・バンケーP階:毎日12時~18時

全血献血の手順

全血献血の前に、必ず水をたくさん飲んでください。僕は毎回1リットルくらい飲んでいます。全血献血の手順は以下のとおりです。

  1. 問診票に記入する。血圧計があるので血圧を測定する。
  2. 記入済み問診票(日本語訳)、パスポートまたは免許証、献血ドナーカードの3つを受付に提出し、番号札をもらう。初めての人はこのときに献血ドナーカードをもらえる。
  3. すぐ隣で待って、番号が来たら診察室に入り、医師の問診を受ける。血圧の記録用紙を提出。指にチクッと針を指して血液比重を測定。鉄の錠剤をもらう(毎晩寝る前に飲む)。
  4. 2階に行くと、左側が右腕に針を刺す人の列、右側が左腕に針を刺す人の列になっているので、好きな側に座る。
  5. 順番が来たら献血室に入り、献血をする。
  6. 終わったら同じ2階にある待合室に行くと、飲み物と軽食をもらえます。少し休憩してから帰りましょう。
(献血後にもらえる飲み物と軽食)

(献血後にもらえる飲み物と軽食。各企業からの寄付かもしれません)

献血者で混んでいますが、スタッフも多いので、待ち時間は意外と短くて済みます。僕が行ったときは50人待ちでしたが、全部で1時間で終わりました。

国立血液センターで全血献血した方のブログ記事

献血の手順が詳しく書かれていますので、行く前に一読されると良いでしょう。

実は私、献血好きです。日本では会社帰りや土日に、献血ルームによく行って献血をしていました。タイでもできるのか気にはなっていたけど行ったことがなくて。Y子さんのお友達のタイ人が行くということで連れてってもらうことに!が、そのタイ人は体調が良くなくいけなくなり。。結局一人で行ってきましたスリゥオン通りから程近いスネークファ...

成分献血の手順

タイで3回以上献血をして、タイ赤十字国立血液センターで1回以上献血をした人は、成分献血をすることができます。

全血献血は、赤血球の量が回復するのを待つため、次の献血まで3ヶ月以上空ける必要がありますが、成分献血は身体への負担が少ないため、1ヶ月で済みます。身体への負担が少ないのがメリットです。ただし、全血献血は約20分で終わるのに対して、成分献血は40~90分ほどかかります

全血献血の前には水を飲みますが、成分献血の前に水を飲んではいけません。献血中はトイレにいけないため、水を飲むとおしっこに行きたくて苦しむことになります(経験済w)。

成分献血には、次の2種類があります。

  • 血小板献血:タイ語 เกล็ดเลือด
  • 血漿献血:タイ語 พลาสมา (英語 plasma そのままです)

どちらかというと、保存期間が4日間しかない血小板の方が求められているようです。僕も血小板献血をしています。血漿は、脂っこい物を食べた後に、色が濁って献血できない場合もあるようです。

成分献血の手順は以下のとおりです。

  1. 問診票に記入する。血圧計があるので血圧を測定する。
  2. 記入済み問診票(日本語訳)、パスポートまたは免許証、献血ドナーカードの3つを受付に提出し、番号札をもらう。初めての人はこのときに献血ドナーカードをもらえる。
  3. すぐ隣で待って、番号が来たら診察室に入り、医師の問診を受ける。血圧の記録用紙を提出。指にチクッと針を指して血液比重を測定。鉄の錠剤をもらう(毎晩寝る前に飲む)。
  4. 1階右手奥にある成分献血室に入る。
  5. 初めての人は、血液を採取して、成分献血ができるかの検査を受ける。できるなら、誓約書にサインする。できなければ、成分献血はやめて、全血献血に切り替える(2階へ行く)。
  6. 職員の指示に従って成分献血をする。
  7. 終わったら奥にある待合室に行くと、飲み物と軽食をもらえます。少し休憩してから帰りましょう。
血小板

(献血で採れた血小板。意外と量は少ない。これに薬剤を添加して 270ml の血液製剤にするそうです)

問診票

献血をする前に、タイ語か英語の問診票に記入しなければなりません。問診票を日本語に訳したものを置いておきますので、参考にしてください

(タイの献血問診票)

(タイの献血問診票)

(タイの献血問診票・日本語訳 p1)

(タイの献血問診票・日本語訳 p1)

(タイの献血問診票・日本語訳 p2)

(タイの献血問診票・日本語訳 p2)

リンク

タイでは企業による献血バスの寄付も活発に行われています。タイ赤十字はシリキット王妃殿下が総裁、シリントーン王女殿下が副総裁を務められていることもあり、タイ人からは非常に信頼されている機関です。

【タイ】ホンダは9月30日、献血バス1台をタイ赤十字社献血センターに寄贈したと発表した。ベッド8台を備え、1日200人の献血が可能。
トミカミュージアム 公共車館 M-07 【いすゞ 献血車】がミニカー・ダイキャストカーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。