タイでパスポートを更新するときに知っておくべきこと

日本のパスポートの有効期限は5年または10年。タイに長期滞在している日本人には、パスポートの有効期限が近づき、タイでパスポートを更新する人も多いと思う。

この記事では、タイに長期滞在する日本人が、タイの日本大使館でパスポートを更新するときに、注意すべき点、やるべきことについて詳しく解説したい。

パスポートは期限切れの6ヶ月前までに更新を!

シンガポール、ベトナム、ラオスといったタイの周辺国では、ビザなし入国の条件を「パスポートの残存期間が入国時に6ヵ月以上」としている。国によっては「出国時に6ヵ月以上」だったりもする。こういった国に行く可能性があるならば、期限切れの6ヶ月前までに更新した方が良いだろう。

パスポートが有効期限内なら戸籍謄本は不要!

パスポートが有効期限内であり、かつ、氏名や本籍など記載事項に変更がないならば、現在のパスポートを提出して、パスポートの切替発給を申請できる。このとき、戸籍謄本の提出は不要だ。

  • パスポートが有効期限内:戸籍謄本は不要
  • パスポートが期限切れ :戸籍謄本が必要

日本から戸籍謄本を取り寄せるのはお金も時間もかかる。パスポートは有効期限内に更新したいものだ。

パスポート更新に必要な書類

通常の更新に必要な書類は、以下の3つである。

  1. 一般旅券発給申請書 1部大使館のページから作成・ダウンロード可
  2. 写真 2枚:エンポリアム2Fの「eastbourne」という写真屋で撮影可
  3. パスポート原本

意外と簡単である。詳細については在タイ日本国大使館のページでも確認してほしい。

パスポート更新と同時に増補も申請しよう

タイ在住の日本人には、仕事や旅行でさまざまな国を訪れる人も多いだろう。そんな人のために、パスポートのページを増やす「増補」がある。

実はこの増補、パスポートの更新と同時に申し込むことができる。後でまた大使館に来て増補を申請するよりも、最初に申請してしまえば手間が省ける。海外への渡航が多い人は、更新と同時に増補も申請すると良いだろう。僕はパスポートを更新した後でこの方法を知った(笑)。次回は更新と同時に申請しようと思っている。

パスポート更新費用は会社負担? 自己負担?

この記事を書いている2018年11月現在、在タイ日本国大使館の10年パスポート更新費用は 4,910バーツだ。結構な額である。

会社が更新費用を負担してくれるなら、遠慮なくお願いするといいだろう。会社によっては、パスポートの更新費用は自己負担、と決められているかもしれない。その場合でも、更新費用を会社で負担してもらえないか、交渉してみてはどうだろうか。パスポートは、Bビザや労働許可証と同じく、いやそれ以上に、タイで働くために必要な書類だ。会社で負担してくれる可能性もあると思う。

パスポート手数料を節約する!(子供のみ)

大人がパスポートの手数料を節約するのは難しい。現在の手数料は、10年パスポートが4,910バーツ、5年パスポートが3,370バーツ。できることはせいぜい、10年パスポートを長く使うくらいだ。

子供のパスポート費用は、12歳未満は5年パスポートが1,840バーツ、12歳以上~20歳未満は5年パスポートが3,370バーツとなっている。12歳になる寸前に申請すれば、ちょっとだけお得だ。7歳半で5年パスポートを入手すれば、12歳寸前に残り6ヶ月になる。可能であれば、うまくタイミングを合わせてみよう。

また、子供がいるなら、パスポートの更新時期を親と合わせれば、大使館に何度も行かないで済む。時期を合わせるのはなかなか難しそうだが、これも検討してみよう。

パスポート更新後のビザ転記

タイの長期ビザを持っている場合は、旧パスポートから新パスポートに長期ビザを転記しなければならない。転記に必要なレターは、大使館が更新時に発行してくれるはずだ。新・旧パスポートとそのレターを持って、入国管理局またはBOIのワンストップ・サービスセンターに行けば、無料でビザを転記してくれる。

パスポート番号変更の手続き

国によっては、パスポートを更新しても、パスポート番号が変わらないこともあるようだが、日本のパスポート番号は更新する度に変わる。パスポート番号が変わったら、銀行などに番号の変更を届出なければならない。個別に解説しよう。

銀行:必須

新・旧パスポートと預金通帳を持って、口座を開設した支店に行く必要がある。口座開設した以外の支店ではダメだ。わざわざ行くのが非常に面倒だが、かといって届け出ないと、窓口での現金引出、通帳の繰越といった手続きに支障が出るので、この届出は必須である。銀行で買った投資信託は、銀行によって手続きの要/不要が異なるので、とりあえず通帳を持っていってみること。

通信会社(AIS/true/Dtac):必須

新・旧パスポートと携帯電話を持って通信会社の窓口に行こう。パスポートは、SIMをなくしたときの本人確認に使われる。変更の手続きをしておけば、もし携帯電話を紛失しても、SIMの再発行ができる。

クレジットカード:そのうちやる

新・旧パスポートとカードを持ってカード会社の窓口に行こう。会社によっては不要で、例えばアユタヤ銀行は必要なかった。手続きをしなくても大丈夫かもしれない。

運転免許証:そのうちやる

新・旧パスポートと免許証を持って陸運局に行けば手続きができると思うが、やらないでも特に支障はないと思う。陸運局は平日しかやってないので、勤め人には時間を作って行くのも大変だ。

旅行系サービス:必須

航空会社のマイレージ、予約サイトといった旅行系のサービスを利用しているなら、パスポート番号を更新しておこう。僕が変更したのは、JAL, ANA, British Airways, Traveloka, AirAsia といったところだ。意外なことに Agoda にはパスポート番号を入力する欄がない。

航空券

もし旧パスポートの番号で国際線のチケットを発券済みならば、航空会社に連絡しておくべきだろう。

BOIレター

BOIでビザをもらっている人は、スワンナプーム空港で出入国するときに、優先搭乗口であるプライオリティ・レーンを利用できる。利用には「BOIレター」が必要で、パスポートを更新したときは、BOIレターも更新が必要だ。

BOIレターについては別記事「BOIレターの入手法」を参考にしてほしい。

おわりに

海外では命の次に大事なパスポート。外国への入国に必要なだけでなく、外国での身分証明書としても使われるため、更新時には付随するいろいろな手続が必要になる。何をすべきか、この記事が忘備録としてお役に立てば幸いだ。

もしお気付きの点や、やるべきことなどあれば、教えていただければ助かります。

僕自身も、先日10年パスポートを更新した。10年後にこの記事を読み返して、今度こそは更新と同時に増補を申込みたいと思う。