タイAISから、ネット1年間使い放題が2,500Bの超お得プラン!

タイの通信会社AISが、最長1年間ネット使い放題のお得なパッケージを販売していますので、内容・申込み方法などをまとめました。

パッケージの概要

(AIS ネット使い放題 料金表)

(AISネット使い放題料金表 VAT7%抜き価格)

提供されている期間と速度から、好きな組み合わせを自分で選べます。

  • 期間:1日、7日、30日、6ヶ月、12ヶ月
  • 速度:1Mbps、4Mbps、6Mbps

ただし、6ヶ月、12ヶ月を選べるのは2019年2月1日以前に登録したプリペイド番号のみです。

また、どのパッケージも通信量の制限はありません。本当の使い放題です。

速度は 4Mbps あれば、Youtube などの動画もストレスなく見られるようです。速度 4Mbps で1年間のパッケージで 2,500バーツ、1ヶ月あたり 208バーツ=約700円ですので、非常にお得なパッケージですね。

また、定期的にタイに来る旅行者の方も、このパッケージを申し込めば、1年間は番号がなくなることはありませんので、番号の維持に苦労することもなさそうです。

パッケージの申し込み方法

まだSIMを持っていない場合

AISは、同じ使い放題が最初から付いている「SIM NET MARATHON」というSIMを販売していますので、これを購入するのが簡単です。

(SIM NET MARATHON)

(SIM NET MARATHON)

このSIMは通話も可能で、速度4Mbps は通話料1B/分、速度1MbpsはAISとの通話は無料、それ以外への通話料は1.5B/分になっています。

SIMはAISのお店で購入できます。速度・期間・料金は以下の通り。

(AIS SIM NET MARATHON 料金表)

(AIS SIM NET MARATHON 料金表)

このSIMでなくても、ファミリーマートなどでAISのSIMを購入し、あとで説明する手順で料金をチャージして、パッケージを追加することもできます。

リンク:AIS公式 SIM NET MARATHONのページ

すでにAISのSIMを持っている場合

次の手順でパッケージに申し込みます。

1. それぞれのパッケージに必要な料金をチャージする

タイのAISショップ、ファミリーマートなどでチャージできます。現在、タイのセブンイレブンではAISのチャージはできません(セブンイレブンは AIS と競合する true 系列のため)。

先程の料金表には、7% の付加価値税が含まれていないので気をつけてください。例えば料金表で 100バーツなら、100 x 1.07 = 107バーツをチャージする必要があります。

タイのクレジットカード・デビットカードをお持ちでしたら、AIS の公式チャージページからチャージできます。

また、mobiletopup.com というサイトからは、日本のクレジットカードを使って AIS / DTAC / True にチャージできます。このウェブサイトは、全世界の全キャリアに対応しているようです。すごいですね。

2. アプリ my AIS から、希望のパッケージを申し込む

申込みには、AISの公式アプリ「my AIS」が必要です。インストールして、ユーザー登録しておきましょう。

my AIS

my AIS
開発元:Mimo Tech
無料
posted withアプリーチ

ログインするときに、AISのデータ通信に接続しているか、AISのSMSを受け取る必要があります。

次にアプリを開きます。

(my AIS ログイン後の画面)

(my AIS ログイン後の画面)

↑上の画面で、

  1. 上部の「Package」を選択
  2. 「Apply Internet On-Top Package」を選択すると、下の画面になります。
(my AIS 次の画面)

(my AIS 次の画面)

↑上の画面で、

  1. 真ん中にある「Unlimited max speed」を選択
  2. 追加したいパッケージを選択すると、
  3. 右下の「Next」が「Confirm」に変わりますので、それをタップすれば購入できます

ネットを他の機器と共有するには?

ネット接続を他の機器と共有したい場合は、

  • スマートフォンに AIS の SIM を挿して、テザリング機能を使う
  • モバイルルーターを使う
  • 据え置き型ルーターを使う

という方法があります。

家で常時使いたいのでしたら、「SIM を挿せる据え置き型ルーターを使う」のも良さそうです。

AIS で販売している据え置き型ルータ。2,490バーツ

(AIS で販売している据え置き型ルータ。2,490バーツ)

わざわざ据え置き型ルーターを使うメリットとしては、

  1. 自宅での工事が不要。ルーターを買ってきたその日から使える
  2. 有線 LAN と無線 LAN の両方を使える
  3. 毎回、テザリングの操作をしないでいい。安定して接続できる
  4. 機器の電池残量を気にしないでいい

が挙げられます。逆にデメリットとしては、

  1. ルータが 2,500バーツ程度と少し高いこと
  2. ADSL / 光ファイバといった家庭用ネット接続(速度30M で月500バーツ程度)と比べて遅い

があります。SIM を挿せるルータは、上記の AIS の他にも、タイの通販 Lazada でも買えます(例:TP-LINK TL-MR6400 )。

お礼

本記事はバンコクの大家さん(@roominbkk)の記事を参考にさせていただきました。この場を借りてお礼申し上げます。