タイ在住者は、どうやって仮想通貨を始めたらいい? 3つの方法を解説

はじめに

2017年は仮想通貨元年だったそうですね。

僕がいつも遊んでいるツイッターでは、2016年頃からビットコインを買っている方を何人か見かけていました。そのころには、怪しげにしか見えなかったビットコイン。

しかし、2017年の正月には約12万円だった1ビットコインは、2018年には約180万円へと、約15倍に値上がりしました。


(2014~2018年のビットコインのチャート)

「あぁ、あのころにはビットコインのことは知っていたのに、どうして少しでもいいから買っておかなかったんだ! オレのバカバカ!」と自分の頭を叩く一方で、「いまからでも遅くはない、余剰資金で少しでも買っておくんだ」という心の声も聞こえます。

乗るしかない、このビックウェーブに。

少し出遅れているような気もしますが、僕もそろそろ仮想通貨をはじめることにしました。

この記事では、タイ在住者が仮想通貨を始める方法について解説しています。

タイ在住者が仮想通貨を取引するには?

仮想通貨は取引所で売買されています。購入するためには、仮想通貨取引所にアカウントを作成し、お金を振り込んで、振り込んだお金で仮想通貨を買います。

タイ在住者が仮想通貨を売買する方法を、以下の3つにまとめてみました

最近は人気がありすぎて、アカウント作成を受け付けていない日もあります。登録は無料ですのでお早めに。

その1.タイの仮想通貨取引所「bx.in.th」を使う方法

bx.in.th 公式ページ

タイの仮想通貨取引所「bx.in.th」は、タイで最初かつ最大の取引所です。タイ国内には複数の取引所がありますが、ここが最大手です。タイ在住でタイの銀行口座を持っている方でしたら、この方法が良いと思います。

詳しい利用方法については、下記の記事で解説しています。

タイ最大の仮想通貨取引所「bx.in.th」について、アカウント作成、入金、購入までの手順を丁寧に解説しました。取引できる通貨は21種類と比較的多く、取引手数料も 0.25% と安価です。まだまだ始まったばかりの仮想通貨。いまのうちに購入してみてはいかがでしょう。

「bx.in.th」を利用するメリット

  • 取引できる通貨は21種類と比較的多め
  • タイバーツのみ売買が完結する → タイ在住者には最適
  • 取引手数料が 0.25% と安い

「bx.in.th」を利用するデメリット

  • 英語・タイ語のみで、日本語はなし → 売買は簡単な英語だけですので、心配ないと思います
  • 利益はタイの収入になるので、タイで申告が必要 → 関連記事「タイ在住者向け、仮想通貨の税金解説

取引までの手順

  1. bx.in.th でアカウントを作成
  2. bx.in.th のカシコン銀行/クルンタイ銀行の口座にタイバーツを振込(1時間ほどで反映される)
  3. bx.in.th で仮想通貨を購入

アカウントの作成と取引に必要なもの

  • パスポートの写真
  • パスポートの自撮り写真
  • タイの銀行口座(入金のみなら銀行窓口でも可、出金には銀行口座が必要)

「bx.in.th」の手数料

  • 仮想通貨取引手数料:0.25%
  • ビットコイン送付手数料:0.001 BTC
  • タイバーツ出金手数料:20バーツ+1万バーツ毎に10バーツ
  • タイバーツ入金手数料:無料

「bx.in.th」まとめ

タイで最初かつ最大の取引所で、取り扱い通貨は21種類と多く、取引手数料も 0.25% と安価で、セキュリティも考慮されています。タイ在住者が仮想通貨の取引をするのなら、ここ bx.in.th が良いでしょう。

bx.in.th 公式ページ

その2.日本の仮想通貨取引所「bitFlyer」を使う方法

・bitFlyer 公式ページ

日本のネットバンキングと日本の仮想通貨取引所を使って、すべて日本側で完結する方法です。本人確認の郵便さえ受け取れば、他は全てネットで取引できますので、タイにいても大丈夫です。

「bitFlyer」のメリット

  • 日本の大手銀行が出資していて安心
  • 日本円のみで完結できる
  • 日本語で取引できる
  • 取引手数料が 0.15% と安い

「bitFlyer」のデメリット

  • 取引所で扱っているのはビットコインのみ
  • 他の通貨は「販売所」であり、手数料が高め
  • 収入は日本の「雑所得」になり、日本で申告が必要

取引までの手順

  1. bitFlyer でアカウントを作成
  2. 日本のネットバンキングから bitFlyer へ日本円を振込
  3. bitFlyer で仮想通貨を購入

日本の銀行・証券会社は、海外在住者の口座開設を認めていないこともありますが、この「bitFlyer」は海外在住者のアカウント作成を認めています。

・bitFlyer の FAQ

Q: 日本国外に在住ですが、アカウント作成は可能ですか?
A: 日本国外に在住の方も、アカウントを作成いただけます。

アカウントの作成と取引に必要なもの

  • パスポート/運転免許証の写真
  • 住所確認のために送られてくる、転送不要の簡易書留郵便を受け取れる住所(海外でも可能ですが、時間がかかるようなので、日本国内の住所の方が良い)
  • 日本のネットバンキング口座(入出金用)

「bitFlyer」の手数料

  • ビットコイン送付手数料:0.0008 BTC
  • ビットコイン売買手数料:0.15%
  • 日本円出金手数料:金額と銀行により 260~756円
  • 日本円入金手数料:無料

・bitFlyer 公式ページ

その3.日本またはタイで買ったビットコインを、大手仮想通貨取引所「Binance」に送金して取引する方法

・Binance 公式ページ

少額・少量の取引でしたら、上で紹介した「bx.in.th」か「bitFlyer」で良いんですが、いろいろな仮想通貨(将来の値上がりが期待できそうな、いわゆる「草コイン」)を購入したり、売買を繰り返したいなら、取扱通貨数が多く、手数料の割安な取引所「Binance」がお得です。

いまは口座開設希望者が殺到して(1日25万人という話も)、入会できないときもありますので、その場合は時間をおいてからまた試してみてください。

「Binance」のメリット

  • 2017年12月には取引高世界1位になった大手取引所
  • 取引手数料が 0.05~0.10% と非常に安い
  • 取引できる通貨が約100種類と多い →草コインを買うなら Binance は必須
  • スマホアプリの使い勝手が良い
  • ビットコインがフォーク(分裂)したときに新しいコインが付与される(と公式が宣言。過去の分裂では全て付与した実績あり)

「Binance」のデメリット

  • 日本円・米ドル・タイバーツ等の入金は不可。ビットコインを送金する必要がある
  • PC版の取引画面が重い→スマホアプリで問題なし

取引までの手順

  • 「bx.in.th」または「bitFlyer」でアカウントを作成、入金、ビットコインを購入
  • 「bx.in.th」または「bitFlyer」から「Binance」へビットコインを送金
  • 「Binance」でビットコインを使って他の仮想通貨を購入

・Binance 公式ページ

タイ在住者が仮想通貨で得た税金について

タイで納税義務がある方が、仮想通貨で利益を得た場合、所得を申告しなければなりません。詳細については、別記事「タイ在住者向け、仮想通貨の税金解説」にまとめましたので、ご一読いただければ幸いです。

タイの労働許可証を持たない人は、仮想通貨を取引できる?

タイ政府は仮想通貨を通貨とみなさず、モノとみなすことを発表しています。ということは、あくまで私見ですが、仮想通貨の売買はモノの売買とみなされるので、労働許可を持たない人は、利益目的で仮想通貨を売買することはできない、と考えるのが自然です。

タイの労働許可証を持っていない方は、日本の取引所で売買するのが良いでしょう。

コメント

  1. hidesim より:

    お世話になります。
    古い記事にコメントで恐縮なのですが現在タイで仮想通貨取引所登録はSatang Proしかなさそうでしょうか?
    本日BitKubに登録しようとしたら現在新規加入受付けていないと言われました。

    • nisizawa より:

      Upbit : http://th.upbit.com というのもありますが、出来高が少なすぎて使えません。
      BitKub は1月にシステム障害があり、それ以来新規募集を停止していますね。しばらくすれば再開すると思いますので、それまで待つしかなさそうです。

      • hidesim より:

        返信がありがとうございます。
        出来高が少ない=手数料が高い、という理解で正しいでしょうか?
        他にもCoins.co.thっていう販売所(?)もあるんですね。ビットコインはド素人で何が違うのかよくわからず困惑しています。

        • nisizawa より:

          Coins.co.thってのは初めて知りました。
          出来高が少ない=手数料が高い、という理解でおおむね合ってます。

          そのCoins.co.thのトップページに、BUY: 1,895,187.55 THB | SELL: 1,835,987.62 THB って書いてありますよね。
          この売りと買いの差をスプレッドと呼んで、出来高が少ないと、このスプレッドが大きくなります。
          この取引所だとその差は3.3%。
          買って売るだけでこれだけ損します。3.3%はちょっと許与できない数字です。
          bitkubのような出来高が多い取引所だと、スプレッドはほぼ0%になります。

  2. hidesim より:

    何度もすみません。
    今すぐどこかの会員になりたかったらSatang Proしか選択肢がないという結論ですが、Nishizawaさんはこの取引所はどう思われますか?

    • nisizawa より:

      取引所はよくハッキングを受けたりしますので、よっぽどの大手じゃないとずっとビットコインなどを預けておくのは心配ですね。
      ですけど一時的な取引でしたら、Satang Proでもいいと思います。使うとしたら、取引してすぐ引き出す感じです。いま見たら、スプレッドもそんなに悪くないです。数万~10万バーツ程度の取引なら、許容範囲じゃないでしょうか。
      仮想通貨取引所は何があるのかわからないので、トレードをするなら、できる限り多くの口座を開いておくべきです。タダですし、いざというときに開こうと思っても間に合いませんからね。
      ご参考になれば幸いです。

  3. hidesim より:

    ありがとうございます。なるほど、口座は一つ以上持つべきなんですね。特にタイの取引所なんて安心できないんでしょうね。こちらもマイナンバー取って日本で口座開設の方がよさそうですね。
    仮想通貨はどうやって価値が決まるのかいまだわかっておらず、金みたいなものなのかなと思っています。まずはかなり小額から初めてみます。

    • hidesim より:

      さきほどSatang Proのサイト覗いてみたらビットコイン以外に仮想通貨が30種類以上あるようで驚愕しました。マイナー通貨買ったところでどうするんでしょうね。

      • nisizawa より:

        ビットコインは金みたいなもの、それは本質を突いてますね。埋蔵量の上限がほぼ確定していること、他の資産との相関がないことなど、かなり似てます。

        マイナーな仮想通貨は、、、将来100万倍に増えるかもしれません(笑)

  4. hidesim より:

    有難うございます。とりあえずSatang Proの会員に申し込んでみました。
    今後また何かありましたらTwitterでお話しさせて下さい(そっちの方が楽なので)。
    よろしくお願いします。