【4泊5日 総額6万円で行ける】インドネシア・ジャワ島東部 個人旅行の行き方と必須アイテム

2018年4月のタイ正月に、タイからインドネシア・ジャワ島東部を旅行してきました。8泊9日の旅程で、費用は1人あたり約6万円でした。

この記事では、僕の経験を基にして、インドネシア・ジャワ島東部旅行の見どころ、予定の組み方、手配の仕方などのコツをまとめました。内容、料金、レートなどは2018年4月時点のものです。

旅行の計画を立てる際のご参考になれば幸いです。

ジャワ島東部の主な見どころ

ボロブドゥール遺跡

プランバナン遺跡

ブロモ山

イジェン山

旅の手配のポイント

航空券とホテルは、自分でネットで予約できますが、問題は現地の移動です。僕は自分で宿や移動を手配しながら移動しましたが、インドネシアでは外国人旅行者へのボッたくりが多く、何回もボラれ、結局費用も高くつきました orz

現地の旅行会社に行き、

1. ボロブドゥール遺跡・プランバナン遺跡のツアー
2. ブロモ山とイジェン山のツアー

の2つのツアーに申し込むのが簡単で、旅費も抑えられます。

旅行会社はジョグジャカルタにたくさんあります。ジョグジャカルタで現地入りしてから、現地の旅行代理店で申し込めば大丈夫です。

ブロモ山~イジェン山を回る現地ツアーは、移動、朝食、宿泊込みで 1,000kルピア=約7,900円程度です。旅行代理店はここの通り[Google Map リンク]に5軒くらいありました。夜でも営業しています。

旅程

概要

日本/タイ発 ~ ジョグジャカルタ着 〜 ボロブドゥール・プランバナン遺跡 〜 ブロモ山 〜 イジェン山 〜 バリ島発 ~ 日本/タイ着

という経路で移動すると、一本道になり、無駄なく移動できます。

4泊5日の日程ですが、最終日の夜便で帰れば、3泊4日でもギリギリなんとかなるかもです。体力的には大変そうですが。

日程詳細

日程に余裕があれば、ジョグジャカルタとバリ島で延泊してもよさそうですね。

1日目

ジョグジャカルタ空港着。
空港カウンターでホテルまでのタクシーを申し込む(85kルピア)。
あらかじめネットでジョグジャカルタ駅周辺[Google Map リンク]のホテルを予約しておく(約400kルピア)。
この日のうちに旅行代理店に行き、2日目の遺跡ツアー(150kルピア)、3日目以降のブロモ山〜イジェン山〜バリ島ツアー(1,000kルピア)を申し込む。
ジョグジャカルタ泊。

2日目

昨夜申し込んだツアーに参加して、ボロブドゥール遺跡、プランバナン遺跡を見学。
両遺跡の入場料504kルピアが別途必要です(クレジットカード払い可)。
その後、バスや寝台列車で移動し(移動手段はツアーによる)、ブロモ山近くで宿泊。

3日目

朝4時に出発、ジープに乗って移動。プナンジャカンで朝日を見る。

ブロモ山に登る。歩いても登れるが、馬に乗ると楽しい(ひとり150kルピア)。

馬の後ろに行かないようにしてください。僕は蹴られました、、、

その後、イジェン山近くへ移動し、宿泊。

4日目

朝3時に出発、ヴァンに乗り、イジェン山の麓で降りる。
そこから1時間半のトレッキングで、6時頃山頂に到着。

歩けない人はリアカーも頼めます(登りは400kルピア?、下りは100kルピア)。

7時に麓へ戻り、バリ島へ16時頃着、宿泊。
ホテルはあらかじめネットで予約しておく(約400kルピア)か、飛び込みでも大丈夫そう。

5日目

バリ・デンパサール空港発の便で帰国。

旅行の手配と費用

航空券

Skyscanner, Traveloka, AirAsia などのサイトを使って、比較して買うとよいでしょう。

日本発着の場合:往復4万円~

行き:成田〜ジョグジャカルタ
帰り:バリ島〜成田

バンコク発着の場合:往復3万円~

行き:バンコク〜ジョグジャカルタ

直行便がないのでどこかで乗り換えることになります。僕はジャカルタ経由が渋滞して大変と聞いたので、クアラルンプール経由にしました。

帰り:バリ島〜バンコク

レガシーキャリアもLCCも直行便があります。

ホテル

Traveloka, Agoda などのサイトで、初日のジョグジャカルタのホテルだけ予約すれば大丈夫です。ツアーは宿代込みですので予約は不要です。

その他費用

日程詳細に書いた費用:計2,139kルピア=16,842円
食事など:1日200kルピア×5日=800kルピア=7,874円
通信SIMカード:1,450円

総額 56,000円~

タイからの場合:56,166円
日本からの場合:66,166円

となります。意外と安いですね。

両替

レート:1円=127ルピア、1バーツ=417ルピア
初日、ジョグジャカルタの駅周辺で、必要となる全額を両替しておきましょう。インドネシアは両替所が少ないので、あとで両替するのは大変です。
ATMは割と多いので、クレジットカードのキャッシングを利用すると便利そうです。

旅行の用意

SIMフリーのスマートフォン

現地でネットが使えると、以下のいろいろな便利なアプリが使えます。
iPhone よりも、アプリ内翻訳機能があるAndroid携帯の方が便利です。インドネシア語~英語のGoogle翻訳はかなり使えるレベルに仕上がっています。

現地で通信ができるSIMカード

日本やタイであらかじめ準備しておくと良いです。値段も現地で買うのとたいして変わりません。

Traveloka のスマホアプリ

Traveloka Book Flight & Hotel

Traveloka Book Flight & Hotel
開発元:PT Traveloka Indonesia
無料
posted withアプリーチ

インドネシア発のホテル・航空券予約アプリ。事前にクレジットカードを登録しておきましょう。現地で急に宿を探すときも、このアプリがあればすぐに予約できます。

Maps me

MAPS.ME オフライン地図とナビゲーション

MAPS.ME オフライン地図とナビゲーション
開発元:MY COM
無料
posted withアプリーチ

ネットがなくても使える無料の地図アプリ。事前にインドネシアの地図をダウンロードしておきましょう。登山中や田舎などの電波がない場所でも、通信SIMカードがなくても、地図が使えます。

Grab Taxi

Grab - Ride Hailing App

Grab – Ride Hailing App
開発元:Grab.com
無料
posted withアプリーチ

タクシー配車アプリ。上の日程ですとタクシーを使う必要はないと思いますが、インドネシアの他の都市、ジャカルタやスラバヤに寄るなら入れておくと便利です。言葉が使えなくても安価にタクシーを使えます。僕はスラバヤで何回も使いました。

Android携帯だと、アプリ内翻訳機能を使って、タクシー運転手とのチャットも簡単にできます。

電源変換プラグ

インドネシアの電圧は220V、プラグの形状が特殊ですので、変換プラグが必要です。

僕は毎回忘れて現地で買っているので、家に変換プラグがたくさんあります…

モバイルバッテリー

一日中移動しますので、あった方がよいでしょう。上のリンクに表示しているのは、充電器にモバイルバッテリーが内蔵されたタイプです。便利そうなので、僕も次はこのタイプを買おうと思ってます。

旅行保険

保険付きのクレジットカードでもよいですし、別途買ってもよいでしょう。タイでしたらこのサイトで、1日あたり130バーツ程度で旅行保険が掛けられます。

リンク

旅行記

旅行中のツイートをまとめましたので、ご覧いただければ幸いです。

インドネシア・ジャワ島東部を8泊9日で個人旅行してきたときの旅行記です。