タイ全県の最低賃金表 2018年4月から5~22バーツ引き上げ、308~330バーツに

2017年1月18日に行われたタイ政府雇用委員会で、最低賃金の引き上げが発表されました。

今後の閣議決定を経て、2017年4月から下記の最低賃金に改訂される予定です。

最低賃金
[バーツ]
県数 県名
330 3 プーケット、チョンブリー、ラヨーン
325 7 バンコク、ノンタブリー、チャチュンサオ、サムットプラカーン、サムットソンクラーム、パトゥムタニ、ナコンパトム
320 14 ウボンラチャタニー、サラブリー、アユタヤ、ノーンカーイ、ロッブリー、コンケーン、クラビー、ナコンラチャシマー、パンガー、チェンマイ、スパンブリー、ソンクラー、スラーターニー、トラート
318 7 サムットソンクラーム、サコンナコン、ムクダハーン、ナコンナヨック、カーラシン、プラチンブリー、チャンタブリー
315 21 ローイエット、ナコンサワン、パッタルン、ウタラディット、ウドンタニー、ナコンパノム、スリン、ペッチャブリー、ピサヌローク、ペッチャブーン、チャイナート、ルーイ、ヤソートーン、パヤオ、ブンカーン、カンチャナブリー、アーントーン、サケーオ、プラチュワップキーリーカン、ブリーラム、ナーン
310 22 シンブリー、ラムプーン、スコータイ、カンペンペット、ピチット、ウタイタニー、シーサケート、ターク、チャイヤプーム、アムナートチャルーン、プレー、ラーチャブリー、ラノーン、マハーサーラカーム、チュムポーン、サトーン、トラン、メーホンソン、チェンラーイ、ラムパーン、ナコーンシータンマラート、ノーンブアラムプーン
308 3 ナラティワート、ヤラー、パッタニー

現在の最低賃金からの引き上げ幅は5~22バーツ。以前の改訂に比べると影響は少ないと予想されます。

タイの過去の最低賃金についてはこちらを参照

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル (大)広告