タイ国鉄の寝台列車で旅に出よう


(ノンカーイ駅で停車中の寝台列車)

日本では、豪華な夜行列車を残っているものの、すでに実用的な夜行列車は廃止されてしまいました。

しかし、タイではまだ夜行列車が運行されています。

タイの寝台列車は、昔は

  • 老朽化した車両
  • 治安も不安
  • 切符も駅で買う必要あり

と、日本人の方にはハードルが高かったのですが、最近は

  • 新型車両を導入
  • 警備を強化(警察が同乗、女性専用車両もあります。夜間は車両間の移動は禁止、車内での飲酒禁止)
  • 切符はネットで購入可(日本のクレジットカードも使用可)

と改善され、日本人や外国人も安心して乗れるようになりました。

値段は片道1,000バーツ(=約3,000円)程度と、LCC(格安航空会社)の航空券と同じくらいですので、費用的なメリットはありません。あえてメリットを挙げるなら、旅行者が1泊のホテル代を節約できること、フラットなベッドなので長距離バスよりも楽なこと、でしょうか。

LCCの方が、移動時間は短く、価格は同程度。それでも、寝台列車には乗ってみたいと思わせる何かがあるんですよね。もしあなたが興味をお持ちでしたら、ぜひ一度、寝台列車の旅を試してみてください。

寝台列車の路線

以下の3路線です。

  • 北線 バンコク~ピサヌローク~チェンマイ
  • 東北線 バンコク~ノンカーイ(ラオス国境)
  • 南線 バンコク~ハジャイ~スンガイコロク(マレーシア国境)

地図

時刻表

こちらの公式サイトから調べられます。

切符の購入

こちらのタイ国鉄の公式ウェブサイト(英語/タイ語)で切符を購入できます。

会員登録をしてから購入手続きをします。決済には、クレジットカードかタイの銀行振込が利用できます。日本とタイのクレジットカード両方で購入できることを確認しました

僕が買った切符


この切符を印刷して持参します。※必ず印刷してください、と書いてあります。

車両の例

バンコク~ノンカーイ線の車内の写真と料金です。

1等車


(引用元:タイ国鉄公式サイト)

2等車


(引用元:タイ国鉄公式サイト)

2017年10月15日 ノンカーイ発バンコク行 搭乗記

ラオスへ旅行に行った帰りに、寝台列車で帰って来ました。非常に寝心地良く眠れましたが、注意点が2つ。

  • 車内は冷房がガンガンに効いていてかなり寒いです。車掌さんに言って毛布をもう1枚もらうか、厚着して寝ましょう。喉を痛めやすい方は、マスクを用意すると良いかもしれません。
  • 車内は消灯しません。おそらく防犯のためだと思いますが、電気は点けっぱなしです。明るいと眠れない方は、アイマスクを用意してください。
  • 車内に無料 wifi があるようですが、使うのを忘れました。使った方いらっしゃったら教えてください。

2等車内の様子


車内は清潔で、乗り心地も改善されていました。昔の車両は、出発時のショックが大きく、ガタンゴトンという揺れもひどかったんですけどね。

車内の現在地モニタ


まるで飛行機みたいで、これを見れば自分がどこにいるかわかります。

ベッドの横に付いているLEDの読書灯と電源


睡眠中に充電できるので助かります。昔の車両にも豆電球がついていましたが、ほとんど壊れてましたね、、、

食堂車 その1


食事やコーヒー、ガムやアメも販売しています。値段はお手頃。

食堂車 その2


カップ麺や豆など。コーヒーは50バーツ程度です。

LCC全盛のタイですが、寝台列車にはいつまでもがんばってほしいものです。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル (大)広告