プミポン前国王の葬儀前後、【10月25日(水)~29日(日)】はタイの酒類販売は自粛!

khao san

Photo by m.a.r.c.

タイ国民から親しまれ、崇拝されたプミポン前国王が2016年10月13日に亡くなってから、もうすぐ1年が経とうとしています。

いまも前国王の弔問に訪れる人は後を絶たず、9月30日で弔問が終わることが発表されてからは、王宮を訪れる人の列は長くなるばかり。改めて前国王の人気を感じています。

10月のタイのスケジュール

以下のスケジュールが発表されています。

10月5日 弔問の最終日(当初の9月30日から延長)
10月6日 王宮とワット・プラケオ(エメラルド寺院)が入場禁止に(10月1日から延長)
10月13日 プミポン前国王が崩御された日として今年から休日に。
10月13~29日は半旗を掲揚
10月26日 火葬式。2017年のみ公休日。タイの官公庁・企業は休み。
10月29日 夜に喪明け。半旗の掲揚、喪服の着用を止め、喪中を示す白黒の布・幕・看板等を片付ける。
(当初は10月27日に喪明けだったが、2日間延期することを10月10日の閣議で決定)
10月30日 王宮とワット・プラケオ(エメラルド寺院)が入場可能に

10月は王宮への入場ができなくなるため、観光客が減ることが予想されます。ただし、10月26日の火葬に参加しようと地方から出てくるタイ人が多いため、王宮・中華街周辺のホテルはすでに満室なっているそうです。

10月はテレビもエンターテイメント番組を自粛します。タイ国民は黒い服装を着るでしょうから、外国人も場所によっては服装の配慮をしたほうが良いでしょう。

交通機関

バンコク高架鉄道(BTS) 10月26日は終日無料
10月25~27日はオンヌット~サムロン間とウォンウェンヤイ~バンワー間は無料
BRT 10月25~27日は全線無料
チャオプラヤー川ボート サパーン・タクシン船着場などから、10月25~27日は無料ボートの運行あり
チャオプラヤーエクスプレス ターチャーン、プラアーティット、ラーチニーには停船しないので注意

商業施設

主要銀行 10月26日は終日休業
7-11 10月26日は14:30 から 24:00 まで休業
True Shop 10月26日は15:00 から休業(空港店は除く)
テスコロータス 10月26日は15:00 から休業
セントラルワールドの伊勢丹 10月26日は終日休業
メジャーシネプレックス 10月26日は終日休業

エンターテイメント施設は?

さて、エンターテイメント施設や居酒屋がいつ営業停止になるのか、気になる方も多いと思います。

バンコク全体がどうなるかは不明ですが、カオサン通りのエンターテイメント施設については、新聞に情報がありました。

これによると、カオサン通りのエンターテイメント施設(飲み屋・ディスコ)は、10月23日(月)~29日(土)は営業を自粛し、明るい看板も消灯するそうです。

バンコクの他の場所にあるエンターテイメント施設や飲み屋がどうなるか、現時点でははっきりとした情報はありません。

そのため私の推測になりますが、カオサン通りと同じスケジュールになるのではないでしょうか。すなわちバンコクの飲み屋等は、10月23日(月)~29日(土)の1週間は営業を自粛し、お酒は飲めなくなると思います。

9月25日追記

ツイッターのフォロワーさんから情報をいただきました。
営業を自粛するのはカオサン通りだけで、バンコクの他の地域では営業するという情報です。

9月28日追記

9月28日に、在タイ日本国大使館からのお知らせが届きましたので、引用させていただきます。

故プミポン前国王陛下の火葬式に関するお知らせ

タイ(チェンマイ総領事館管轄区域を除く)にお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
在タイ日本国大使館

1.25日,プラユット・タイ首相から,故プミポン前国王陛下の火葬式に関する発表がありました。概要を以下のとおりお知らせ致します。

○10月13日~27日まで政府関係職員は,15日間服喪期間を延長する。
○10月13日~27日,半旗を掲揚する。
○10月26日は公休日とする(2017年のみ)。
○10月26日,火葬式。
○10月28日17:30以降喪明け,平服を着用。喪中を示す白黒の布,幕,看板等を片付ける。

2.また,タイ国政府観光庁より,故プミポン前国王陛下の火葬式に関する旅行者の皆様へのアドバイスが発出されておりますので,以下のとおりお知らせ致します。

(2017年9月21日 タイ国政府観光庁国際広報部発表(日本語))
https://www.thailandtravel.or.jp/news/23916/

(後略)

10月2日追記

プミポン前国王陛下の火葬式に関連する事項について記載されたタイ政府の公式議事録で、エンターテイメント施設への言及がありました。

6. Entertainment outlets, broadcasting stations and printing media are asked to cooperate on suspending entertainment activities/programs in October when appropriate.

「6. 娯楽施設、放送局、印刷メディアは、10月中の適当な時期において、エンターテイメント活動/番組の中断に協力するよう求められる」とのことです。

10月11日追記

今日のタイねた(3245号 10月11日)より

10月25~29日に故プミポン前国王の葬儀が執り行われますが、ソイカウボーイのゴーゴーバーは25~27日の3日間休業となるようです。他の夜遊びスポットも同じような自粛?警察の命令?ではないかと思います。

10月22日追記

Twitter で 大猫@北タイ (@hrcnx) の情報です。10月25日(水)~29日(日)は酒類の販売、飲食店での酒類の販売は自粛という通達が出ました。

以上をまとまると、10月26日(木)はほとんどのお店が休業、飲み屋・エンターテイメント施設は、それぞれの判断で25日(水)~29日(日)は営業自粛、ということになりそうです。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル (大)広告