バンコクバスはICカード導入へ。車掌さんに会えるのはあと2年!

Flood-resistant oldie
photo by Philip Roeland

バンコク大量輸送公(BMTA / 都バス)は、バスにICカードの読取機を順次設置して、車掌さんをリストラする計画を発表しました。

ขสมก.เริ่มให้บริการระบบบัตรโดยสารอิเล็กทรอนิกส์บนรถเมล์ 200 คันในวันที่ 1 ต.ค.นี้ และจะติดระบบในรถทุกคันภายใน กลางปี61

この記事によると、ICカード読取機を
・10月1日 200台
・11月 800台
・12月 1,500台
・2018年3月 全2,600台
に設置。

当初はICカードを使いつつ、車掌さんも乗車します。これは、現金で支払う乗客、貧困者カードを提示する乗客(無料)に対応するためです。

ただしその後は硬化支払機も設置して、2年後には車掌さんは乗車しなくなるとのこと。バス公社は、2019~2021年には2,000人の早期退職者を募るリストラも計画しています。

バンコク名物の車掌さんがいなくなるのは寂しいですね。ツイッターでこの記事についてつぶやいたところ、車掌さんを惜しむ声が上がっています。

いっそのこと、赤バスと車掌さんを文化遺産として保護して、国費でサイアム付近を循環運転させてもいいと思うんですが、いかがでしょう?

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル (大)広告