タイ在住者が日本へ一時帰国するときに便利なもの

先週、タイから日本に一時帰国してきましたので、そのときに実際に使って便利だったものをまとめてみました。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル (大)広告

1. 日本でネットが使える AIS の SIM 【SIM2FLY】

日本に帰る前にタイのAISで SIM2FLY を買っておきましょう。

帰りの飛行機の中でスマートフォンの SIM を入れ替えて、日本に着陸してから電源を入れれば、その瞬間から電話とネットが使えます。たいていのスマートフォンでは特別な設定は不要です。

値段は下の図の通り。

4GB 8日間で値段は 399バーツですが、2回目からは同じ SIM にチャージすることで、少し安い299バーツになります

この SIM はタイ周辺の15ヶ国(韓国、シンガポール、マレーシア、香港、ラオス、インド、台湾、マカオ、フィリピン、カンボジア、ミャンマー、オーストラリア、ネパール、インドネシア、カタール)で利用可能です。使用後も捨てずに取っておいて、また次の旅行で使うといいでしょう。

SIM2FLYは日本のアマゾンでも購入できます。

AISの公式サイト(英語)はこちらです。

2. 基本料無料で日本の携帯番号を入手 【SMARTalk】

このサービスに加入して(要クレジットカード)、スマートフォンアプリ【SMARTalk】をインストールすれば、日本の携帯電話番号が入手できます。その携帯番号を知人や家族に伝えておけば、世界のどこにいても、日本の携帯番号で電話を受発信できます(ネット接続は必要です)。

料金は下の表の通りです。

基本料は無料ですので、とりあえず作っておいてもお金はかかりません。

私が日本に一時帰国したときに、上の SIM2FLY と SMARTalk の組み合わせで通話してみたところ、音は非常にクリアで、全く問題なく通話ができました。

ただし、110番、119番の緊急通話、3桁番号サービス、0120、0570、0990、0180などの一部の番号には発信できませんので、その点はご注意ください。

このサービスは、一時帰国のときに限らず、普段から使ってもいいと思います。運営元は楽天コミュニケーションズ株式会社です。

公式サイト

スマホの通話料を60%安くするIP電話サービス「IP-Phone SMART!」ご利用中のスマホで050の電話番号が利用可能。月額基本料0円!

3. マツモトキヨシのスマホアプリ

スマホアプリをインストールして入会すると、初回15%オフのクーポンがもらえます(薬、化粧品は15%オフ、食品は5%オフ)。入会してから数日しか使えませんので、買い物の直前に入会するといいでしょう。

海外在住者は消費税の免税措置を受けることもできますが、消費税8%の免税よりも、15%の割引のほうがお得です。

マツモトキヨシに限らず、いまはいろいろなお店でスマホアプリを使った割引をしていますので、ネットが使えるスマートフォンを用意しておき、必要ならその場でアプリをインストールしましょう。

公式サイト

ドラッグストア マツモトキヨシの公式アプリが登場!ポイントも会員証もクーポンも公式アプリならこれ1つで解決!

4. 海外発行のJCBカード

海外発行のJCBカードで支払うと、下記の5空港からのバス乗車券が20%割引になります。

  • 北海道・新千歳空港
  • 東京・成田国際空港
  • 名古屋・中部国際空港 セントレア
  • 大阪・関西国際空港
  • 福岡・福岡空港

キャンペーン期間は2018年6月30日までです。

タイでは、三菱東京UFJ銀行グループのアユタヤ銀行がJCBクレジットカードを発行しています。このカードは年会費無料で比較的簡単に作れますので、タイで働いている方は作っておくと良いと思います。

カードの詳細は下記の記事をご覧ください。

タイで日本人が入手できるクレジットカードから、おすすすめの9枚を厳選して、入会条件・還元率・特典などをまとめました。ここから選べば間違いないという9枚です。

参照リンク